【秋田内陸線 のりものまつり】に行ってきました~前編~|北秋田市阿仁

のりものまつり イベント

昨年に続き、今年も行って参りました。

今日が最終日…と言うことで、今年行けず来年の来訪を考えている方の参考にでもなれば幸いです。

本当は内陸線を使っていきたいところ…と去年も言っていましたが、今回も車での来場でした。

 

スポンサーリンク

オープニングイベント

風張太鼓

風張太鼓

もち撒きを待っていると、ステージでは先に風張太鼓の演奏が始まりました。キャンドルストリートの時は、駅舎が狭く、ほとんど見られませんでしたが、今回はしっかり見ることができました。

外の音響がない中でも、お腹から揺さぶられるような太鼓の音色で、とても勇壮な演奏でした。

 

バター餅まき

とりあえず、最初の目当てはこれで。

上棟式なんかで行われていた餅まきだと結構な争いになるので、子供たちがケガしないかどうかだけが心配でしたが、スタッフさんの2度に渡る声掛けもあり、静かに拾う感じになっていました。

風向きによって、私がカメラを構えていた方にはあまり飛んできませんでしたので、拾えませんでしたが、ウチの子供はしっかりと3個ゲットできていましたね。

 

乗り物試乗体験

のりものまつり

実際パトカーの運転席に座ってくれれば頼もしいが、後部座席に乗るのだけはカンベン…

働く車コーナーでは、普段街で見かけるものの運転席に座る機会のない様々な車に試乗・操作をさせてくれます。各種子供用の制服も準備されており、完全になりきった感を味わうことができました。

パトカーについては、実際は回転灯の点灯や上げ下げまで体験させてもらい、子どもたちにとっても貴重な経験になったようでした。

 

 

見ていて割と面白かったのが、大体試乗コーナーの横でリクルート活動もされているということ。子供たちにとっても、体験を通じてこの仕事を目指す切っ掛けにもなればいいなと思います。是非ウチの子供たちも雇ってくださいませ…。

[ad]

 

出店コーナー

のりものまつり 出店

市庁舎前広場では、秋田内陸線沿線にあるお店が集まり出店を出していました。お馴染みのカフェ・ゼロセカンドや、北秋田市からも池田屋味の工房・とざわが出店されています。

また、JA北あきた女性部による出店もあり、先日紹介したキッチンまこさんのお菓子も買うことができました。

朝ご飯を食べてしまったこともあり、今回紹介できるものは以下の2つ。かき氷は紹介してもどうしようもないので…

 

暫屋 牛筋にこみ

牛すじ煮込み 500円

仙北市・角館から出店の暫屋(しばらくや)さんです。

10時前とちょっと早めだったこともあり、ガス切れ?まだ火入れしていなかったのか、ちょっと煮込みが足りない状態だったかもしれません。味付けは醤油ベースですが、にんにくがかなり効いているのが特徴です。すじ肉はとても柔らかく、美味しく食べられましたが、割と肉分が少なめなのが残念。

煮詰まったドロドロした感じではないので、つゆもしっかり飲み干して味わうことができます。白いご飯と合わせたら最高だったろうな。

 

豚なんこつの煮込み

豚なんこつの煮込 500円

北秋田市・鷹巣から出店の味の工房・とざわさんです。

こちらも醤油ベースですが、味がしっかり染みていて、軟骨もすっかりモチモチ食感になっていました。私も仕事で使ったことがある食材ですが、圧力をかけて調理しないとこんな食感までは到達できませんでした。かなり手間を掛けられていますね。

 

この他にも、軽食・クレープ・串焼きなんかも一通り揃っているので、ゆっくりと過ごすこともできます。

 

開場直後から出店は開いているので、オープニングを待ちながらちょっと遅めの朝ご飯を食べるのも良いかもしれません。特に、車で来場の方は、駐車場の確保も含めて早く来られるのも良いかと思います。

 

 

~後半に続く!~

Follow me!

コメント

  1. […] 進藤冷菓さんで、前々から気になっていた青いババヘラを漸く買うことができました。阿仁合のりものまつりでも見つけてはいたのですが、凄く並んでいたので子供を連れて並ぶのは諦めた次第。 […]