【大館・北秋ご当地グルメ秋祭り】実りの秋到来。こあぴょんにも会おう!|上小阿仁村

イベント
上小阿仁村の特産品コーナー横にて

出張やら仕事上で上手くいかないことが続き、すっかり遠のいてしまいました…。伊丹空港の刃物通過騒ぎに巻き込まれなかっただけ運が良かったと思おう。本当は9月26日に伊丹→青森を利用する予定だったのですが、偶々希望の時間が満席で1日予定を前倒したのが奏功しました。

これから冬に向けてもまだまだ落ち着かない時期を過ごしますが、ボチボチ巻き直しで更新を頑張りたいと思います。

純粋な休日が久しぶりだったため、さて何をしよう…と考えてた時に、上小阿仁村で大館・北秋ご当地グルメ秋祭りがあるのを思い出しました。奥様も仕事が連休で体調十分、ブランチを食べに早速向かうことにしました。

スポンサーリンク

開催場所・駐車場

北秋田市~秋田市を繋ぐ国道282号線沿いにある、道の駅かみこあにを会場に行われます。今年で9回目を迎えるまだまだ歴史が浅いお祭りですが、10時の開場直後には、既に大勢のお客様で賑わっていました。

準備が悪いところだと、開店直後にはまだまだ買える体制ができていないこともあるのですが、このお祭りではしっかり開場から食べられるのが良かったです。

駐車場については、道の駅自体にもありますが、昼前には満車になっていました。でも、向かいの村役場や生活福祉センターの駐車場も無料開放されており、駐車スペースに困ることはなさそうです。

地区ごとー参戦のお店紹介

大館・北秋地区のお店が中心とあって、お馴染みの顔触れが多いです。ただ、その中でも今まで見たことのない商品があったりと変化がありました。また、男鹿・大仙・由利本荘からも参加されているお店があり、大曲カレー旨麺は初見でした。

大館市

①陽気な母さんの店

●看板商品:成章枝豆きーんぐ

東京のアンテナショップでも良くお目に掛かる程、元気なお店です。 中山なし・りんごなど近隣の旬の果物もお値打ち価格で販売中。

②Cafeゼロセカンド

●看板商品:あきたこまちベーグルのフレンチトースト

北秋田地区のイベントでは必ずお目に掛かると言っても良いです。 大館市内に実店舗はあるのですが、イベント期間は巡業に専念。

③株式会社しらかみフーズ

●看板商品:白神生ハム

廃校になった旧・山田小学校の跡地を利用した工場で作った生ハムが 絶品です。

④サンドリヨン

●看板商品:シンデレラ ライ麦を使ったロシアの黒パンで有名なベーカリーショップ。 北秋田市から移転されたのは残念。道の駅かみこあにの物販コーナー でも定番で販売していますね。

北秋田市

①森吉山ダム水源地域ビジョン実行委員会

●看板商品:やまと豚やきそば

森吉山四季美湖祭りの御揃いのシャツも鮮やかに、焼きそばを作って いました。

②食の工房 とざわ

●看板商品:豚のなんこつ煮

鷹巣の銀座通りで【味彩】という食堂を営んでいます。1年中きりた んぽを食べられます。大館のきりたんぽ祭りにも出店してます。

③株式会社 阿仁川あゆセンター

●看板商品:あゆ塩焼き

米内沢のあゆっこ温泉を営んでいる会社です。子持ちあゆの塩焼きは このイベント限定だそうです。以前食べた鮎の唐揚げも健在でした。

④庄司さかな屋

●看板商品:馬肉煮込み

肉のまつおの参戦がなく、馬肉煮込みはここの独壇場でしたね。 でも本来”魚屋”なので、塩クジラや筋子、つくだ煮などの珍味も取りそろえていましたよ。

⑤鷹松堂

●看板商品:バター餅

バリエーションに富んだバター餅や、お菓子を精力的に開発されてい るお店です。鷹巣にお店がありますが、道の駅ふたついなんかでも 良く商品を見かけます。

⑥たまごの杜

●看板商品:比内地鶏のたまごシフォンケーキ

ふみきり野Cafeのたまごの杜社も手作りのお菓子満載で出店されて いました。帰りにカフェの前を通りましたが、こちらも相変わらず 大盛況でした。

上小阿仁村

①畠山商店

●看板商品:比内地鶏の焼き鳥

おじいさんが2人で元気に焼き鳥を焼いていました。 比内地鶏はもも・皮・砂肝の塩焼きの3種ですが、他に合鴨だったり 普通のもも串だったりとバリエーションは豊富です。

②上小阿仁商工会青年部

●看板商品:ほおずきシロップのかき氷

名産の食用ほおずきのシロップをたっぷりかけたかき氷の上に さらにコンポートが1個。食用ほおずきの試食もあります!

他地域から

 

①本荘ハムフライ・ハム民の会

●看板商品:本荘ハムフライ

B級グルメとして名を馳せるハムフライの本物が食べられます。 きちんとした定義の元作られ、揚げたてが常にあるのが良いですね。 お土産にもできる5個パックも販売しています。

②にしめ物産

●看板商品:さざえのつぼ焼き

海の幸たっぷりで営業されていました。看板商品の他にも、大きな ホタテ貝やイカの焼き物がありました。そして何故か本荘うどんの 試食もくれるというサービスも。

 ③大曲カレー旨麺同好会

●看板商品:大曲カレー旨麺

ハム民の会と共に、秋田県【食】のネットワークに所属する団体 です。一度は下火になってしまったご当地メニューを再度盛り上げん と活動を続けているようですね。

④男鹿のやきそばを広める会

●看板商品:男鹿しょっつるやきそば

しょっつると粉末わかめ入りの麺を使う男鹿のご当地グルメも参戦。 目玉焼きのせのソース焼きそばも販売していたので、お好みで。

実食の感想

という訳で、合併前の旧市町村の区分でで見ても、各地からバランスよく参加されていますね。全て摘まんで食べてみたいのですが、お腹にも財布にも限界があるので、特に気になったものをチョイスしました。

後は娘の残飯処理でお腹イッパイでした。さつまいもスティック・フライドポテト…いつでも買えるじゃん!

大曲カレー旨麺(とろけるチーズ入り)

1杯350円

チーズ無しは300円でしたが、このイベント限定とのことで折角なので変わったものを食べようということで。

商品のスペックとしては、醤油ベースの和風だしに中太の中華麺を入れ、カレーを掛けるといったもの。具材は、ネギ・揚げ玉(今回はお麩でした)・福神漬けが載ります。カレーうどんの変化球と言った感じで、美味しく召し上がれました。

さて、チーズはどこに…?

お椀の底に沈んでいます。とろけるチーズがスープで熱され、食べているうちにチーズが絡んだ麺が出てきます。これがカレーの風味と良く合います。最初はカレーラーメンですが、途中から味変ができるのが嬉しいですね。

量は少なめですが、こういう食イベントは少しの量をたくさんの種類を食べたいので、価格も量も抑えた提供ってとてもありがたいですね。

かき氷-ほおずきシロップ

1杯300円

今朝も寒かったので、これで出店するのもなかなか勇気が要ったと思います。幸いお昼近くにはそれなりに暖かくなったので、手を出すことができました。

たっぷりの氷に、これまたたっぷりのシロップを掛けてくれました。更に上にほおずきの甘いコンポートが1個載ります。

上小阿仁村名産の食用ほおずきですが、皮をむいた見た目はヘタを取ったミニトマト。味は正直何と例えれば良いかが分からず、これは実際に食べて貰うしかないです。ただ、好みもありますが美味しいということは確実に言えます!

ステージイベント

ばたもっち・ハチくんの参戦は29日(日)。私としては【こあぴょん】がいれば満足。

会場奥にはミニステージが設けられ、様々なステージイベントが行われます。昨年はビートファイターAceとか来ていたようですが、今年はヒーローショーはなさそうでした。

●9月28日の午前のステージ

北秋田市在住のシンガーソングライター・本城奈々さんのライブです。

拝見するのは阿仁合スノーキャンドルストリート以来ですが、相変わらずの透き通った声が印象的です。バター餅の歌も歌われていましたが、バタもっちは現れず。ちょっと残念でした。

コチラは大館市出身のシンガーソングライター・大川ちさとさんのリハーサル風景。

まちあわせハチ公ガールズ出身ですが、今はソロで活動されています。北秋田周辺のイベントだと、寧ろ彼女の方をよく見かけるような気がします。リハーサルがひと段落した時に、控え所のところで本城奈々さんと楽しそうに談笑されていたのが微笑ましかったですね。

この後、12時半からはまちあわせハチ公ガールズも出演されていますが、残念ながらその前に帰宅の途に着くことになりました。次回のイベントで会えることを祈願しています。

まとめ

道の駅・かみこあにで2019年は9/28・29日に開催される、秋のグルメ祭りに行ってきました。

秋田市のアゴラ広場でも同じ日程で、かやき祭りが開催されている中でも個性ある出店と大勢のお客様で賑わっていました。しかし、料理についても駐車場についても待ち時間がそれほどなく、ストレスなく楽しむことができました。

また、馬肉の煮込みはともかくも、1品単価がワンコイン(500円)までという手軽な設定で、ついつい色々食べてしまいます。単価が低い分、量も控えめなので沢山のメニューを楽しみたい方には丁度良いと思います。

改善が必要かも?というは、食べるのに座れるテーブル・椅子がちょっと少な目なことです。道の駅のお食事処に流れざるを得なく、食堂の物を食べるわけでないのに座っているのもちょっと居心地が悪く…。ここだけ次回はお願いします!

Follow me!

コメント

  1. […] という訳で、道の駅かみこあにで開催された【大館・北秋ご当地グルメ秋祭り】を覗いてきましたが、この日はいつも以上に道の駅施設もお客さんで賑わっていました。 […]