【えんとつ】老舗洋食屋さんで子どもたちと週末ランチ!|大館市

えんとつ 食べ物・お店

大館市の中で、旧:比内町の中心部から大館市の中心部へ向かう途中にある池内地区は、何気に地元の飲食店がひしめき合う激戦区です。私の職場の位置的には、この辺を開拓するのにピッタリなのではありますが、あまり外にも出られないためあまり行けてはいませんでした。

先日、地区の子供会の親子レクで鹿角に行った帰りに、国道103号線の大きな道路ではなく、尾去沢方面から十二所へ抜けてきたため、丁度この界隈を通りかかることに。丁度子供たちもお腹を空かせていたので、えんとつさんに立ち寄ることにしました。

店名にふさわしく、大きな煙突が目印の建物です。

いつも人気で混んでいるイメージがあったので、週末のお昼のピークタイムに来ても入れるかな・・・という不安もありましたが、駐車場のスペースは確保できたため、取り合えず店内へ。

 

スポンサーリンク

店内・メニュー

店内は流石に大盛況で、私たちの前に2組待ちでした。4人掛けのテーブル席が6脚・カウンター席が4席、他にも2人掛けのテーブルがありましたが、こちらは待っているお客様の椅子になっていました。

 

すいません、子供が一生懸命めくるのを止めたりしてたために画質が悪いです

椅子に座るとメニューが手渡され、待っている間にオーダーを取ってくれました。そのため、待ち時間はあっても席に着いてからは割とすぐに料理が運ばれてきました。

メニューは、所謂私たちが洋食屋さんで想像するものを大体網羅しているので、かなり迷ってしまいます。人気のハンバーグは150gから400gまで大きさが選べますし、肉料理/フライ物の定食・カレー・ピラフ・パスタ・ピザと兎に角メニューが豊富です。デザート・ドリンクも本当にたくさんの種類があります。

平日はお得なランチメニューもあり、隙のない品揃えといったところですね。

 

実食

子どもたちはチーズハンバーグ、私はパスタを注文しました。

チーズハンバーグ 150g

実はこれはレアもの!

単品850円+消費税

ハンバーグのフレーバーはスタンダードと和風があり、スタンダード・チーズはソースをデミグラスかホワイトソースを選べます。娘はデミグラス・次男はホワイトをオーダーしましたが、勢いで両方にホワイトソースを掛けてしまったとのことで、後がけでデミグラスを掛けてくれました。

まず驚くのがソースの量。でもホワイトソース自体はあまり主張せず、ハンバーグ自体の味をしっかりと活かしてくれます。付け合わせはポテトと人参、目玉焼き、更に隠れていますがインゲンが入っています。

個人的には、この人参がとても甘くて好きです。4歳児で大体7割くらい食べられる量で、小学校3年生でご飯と完食できるくらいのボリュームです。

デミグラスソースは、ちょっと焦がしたくらいの香ばしさを感じる仕上げ。どちらを選んでも美味しく食べられますね。

えんとつ風スパゲティ+ハンバーグ

えんとつ風スパゲティ600円にハンバーグで+300円です。

熱々の鉄鍋で音を立てながら運ばれてくるのはハンバーグと一緒。タップリのホワイトソースの下に隠れているのは、ハム・ピーマンのペペロンチーノです。こちらもホワイトソース自体が主張しないので、スパゲティの味がしっかり分かります。

ただ、唯一の誤算…娘がハンバーグを完食できないであろうことぐらい、予想しておかないと行けなかったんですよね。パスタ自体も見た目以上に量があり、ハンバーグも150g位はあるという…。ちょっと後悔した瞬間でもありました。と言うくらいのボリュームでした。

 

ケーキ・ケーキセットも

お家で一口食べた後に写真を撮ってしまいました…

他にも店内に掲示されていますが、ケーキやケーキセットも食べられます。

写真はニューヨークチーズケーキで、他に4種類ほどケーキがありました。1個280円+消費税なので、食後のデザートとしてもお手頃ですね。

勿論こちらも大変美味しかったです。

 

まとめ

  • 1人予算 平均1,000円くらい
  • 定食物は比較的予算高め・1品物はお手頃価格
  • 子ども連れはウチだけ…
  • ボリュームも味も満点!
  • 周りの飲食店のレベルも高い

気になったのは、日曜のお昼時にも関わらず子供を連れていたのは我が家だけと言う状況。偶々かもしれませんが、CoC●壱などのお手軽なファミレスより大人向けの空間なのかもしれません。でも、本棚に絵本も用意されているので気軽に入ることは可能です。

実は最初、次男は1800円のファミリーステーキ定食を食べると言い放ったのですが、予算オーバーのため却下しました。基本的に定食系統は単価が高めです。その分しっかり美味しく、ボリュームも文句ないのですが、ちょっとお財布と相談は必要かもしれません。まぁ、子供が好きなものを食べる分、大人は自重して単品メニューに逃げるという手もあります。

また、えんとつさんの向かいには、こちらも大館の老舗洋食店【ドルフィン】さんもあり、矢張り大盛況でした。大館市も秋田県にある市町村の多分に漏れず人口減少の一途で、廃業されるお店が増えてきている中、どちらも繁盛しているのはそれだけレベルが高いということでしょう。

池内線の界隈の飲食店は外れがないと思います!

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

9時00分~21時00分

●定休日;

月曜日

●電話番号;

0186-49-4249

●住所;

〒017-0837 秋田県大館市餌釣大杉29

駐車場は15台程度停められそうですが、隣のどさんこラーメンさんと共通のため、空き状況が読めない怖さはあります。

 

●近隣の店舗:

◆池内食堂さん :不定休

◆大館定食 めし屋さん :水曜日定休

 

Follow me!

コメント

  1. […] 大館市中心部から旧:比内町方面へ伸びる道に沿っては、個性的な飲食店が軒を連ねています。その中の1つが先日お邪魔したえんとつさんだったり、今回晩御飯を食べに行った池内食堂だったりします。 […]

  2. […] 上にかかるデミソースは、(恐らく)赤ワイン?の風味が残っている感じのまろやかでコクのあるもの。えんとつさんは煎りが香ばしい感じで、コクの出し方・風味が全然違うのが面白いですね。 […]