サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
テーマ変えてみました。カスタマイズ中に付き少し不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

【茶色の小びん】見た目は喫茶店!してその実態は…?|大館市赤館町

茶色の小びん 大館

仕事で本社にお届け物をした帰りに、休憩で利用させていただいたのが【茶色の小びん】さん。

KEY COFFEEの青地と白い背景の看板と、レンガ調の外装、入り口上の看板などを見ると喫茶店/カフェだと思ってしまいますが、反面たくさん立っている旗や窓を見ると完全にラーメン屋さんです。

私が高校に通っていた時、何回も目の前を通ってはいると思うのですが、当時からこういう営業スタイルだったかは定かではありません。あの当時はあんまり寄り道して食べるという選択肢がなかったのでした・・・

 

目次

座席・メニューなど

店内は懐かしさ感じる、やっぱり喫茶店チックな雰囲気です。先日伺った、北秋田市鷹巣【喫茶ブーメラン】さんの様にマンガ・雑誌がたくさん置いてあり、ゆったりしたくなります。

しかしながら、駐車場が狭いため、車で来られたお客様は適度な時間の利用をお願いする貼り紙が本棚の前にあるのでした・・・

当時はUFO・UMA・心霊などオカルト文化が結構メジャーだったですな

ラインナップは25年前ほどのラインナップなので、アラフォーの世代が楽しめる品揃えとなっています。

 

座席数
  • カウンター席 :4席
  • 2人掛テーブル:4席
  • 3人掛テーブル:1席
  • 4人掛テーブル:2席
  • 8人掛テーブル:1席

*8人掛けテーブルはアクリル板で4つに仕切られており、2人席×4となっていました(来店時)

 

こちらのお店の特徴は醤油にコダワリ有り!というところ。黒・紫・白と、それぞれ東北、関東、関西で好まれている味をお好みで選ぶことができます。

メニュー一部紹介(2021年4月時点)
ジャンル メニュー名 値段 備考
中華そば 黒/紫/白醤油 550円~
アゴダシ 550円~
味噌 味噌ラーメン 550円~ 野菜入り600円~
ねぎ中華そば 味付けネギ/辛味ネギ各種 700円~
ねぎ味噌ラーメン 味付けネギ/辛味ネギ各種 750円~
冷しつけ麺 600円~
サイドメニュー 半ライス 100円
ライス 150円
おにぎり 100円
チャーシュー 250円
めんま 150円
味付けねぎ 150円
喫茶 コーヒー 350円
紅茶 350円
ケーキ各種 600円

 

実食

紫中華そば(中)

600円(税込み)

それぞれ小550円~特大800円まで4段階から選ぶことができます。

具材はチャーシュー・わかめ・メンマ・焼き海苔刻みネギが全体に散らされています。

チャーシューは結構厚切りでした。赤身肉が多いので、肩ロースとかかな?と思いますが、じっくり煮込まれているのか、非常に柔らかくしっとりしていました。このチャーシューは個人的に大ヒットです!

麺は加水有りの細麺。

スープのダシは、魚介系・鶏ガラ・香味野菜あたりからとったものと思われますが、ちょっと魚系が強く出た風味かと思います。合わせ調味料の”紫醤油”は丁度、東北・関東で好まれている所謂馴染みの味。醤油感とダシ感がバランス良く味わえる一品でした。

焼きギョーザ

5個300円(税込み)

ラーメンと同時に出てくるところがGoodです。個人店だと結構ズレるところが多いのが現実・・・6個付(こちらは350円)も選べるので、2人でシェアする際はコチラがお得ですね。

皮はパリッとした焼き上げ。中のタネは、ニンニクや生姜、ニラなどの香味野菜が強いものではなく、キャベツがたっぷりの優しい味です。1つ1つが強くないので、幾らでも食べられるタイプの餃子でした。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

11:00~15:00

●定休日;

水曜日

●電話番号;

0186-49-0187

●住所;

〒017-0814 秋田県大館市赤館町1−23

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次