サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
テーマ変えてみました。カスタマイズ中に付き少し不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

【レストラン 真珠】街ナカの老舗レストランでランチ|能代市二ツ井

目的のマドレーヌも買って、温泉に入って一息。その後はランチをしてお家に帰るのみ、ということで、今回は同じく能代市・旧二ツ井町内にある【レストラン 真珠】さんへ伺いました。

なんと、、、!

西暦1934年(昭和9年)から営まれているという老舗のレストランの存在を知ったのは、きみまちカンパニーに関わるご縁をいただいて、二ツ井の街で食べ歩きを始めた時。

馬肉ラーメンザザーメンと食堂で食べていく中で、やはり洋のメニューも食べたいので、今回立ち寄って見ることにしてみました。後は、なんも大学さんの記事の雰囲気が良かったというのもありました(参考リンクは最後に貼っておきます)。

 

目次

メニュー・座席

懐かしい街の食堂の見本サンプルが店内に

出迎えてくれたのは女将さんで、元気で温かい雰囲気が嬉しかったです。初めてのお店でも構えることなく入っていけるのが良いですね。

メニュー一部紹介(2020年12月時点)
ジャンル メニュー名 値段 備考
カレーライス 500円
ハンバーグカレー 700円
エビフライカレー 1300円
オムライス 800円
オムハヤシ 900円
ハヤシライス 800円
丼各種 700円 親子・カツなど
夏メニュー ざるそば 550円
(5~9月位) 冷やし中華 700円
冷やしスタミナラーメン 850円
盛りそばセット 1000円 すき焼き重/カツ重
冬メニュー すき焼きうどん 850円
(10月~4月位) きりたんぽ鍋 1300円

洋食が強めですが、きちんと和のメニューも押さえられております。

丁度アラフォー世代の夫婦がリアルタイムで読んでいたようなマンガ本がたっぷりあります。懐かしくてちょっと手に取ってしまいました。

座席数
  • 4人掛テーブル :4席
  • 6人掛テーブル:1席
  • 3人掛テーブル:2席

6人掛けのところは一人席も込みの席かなと思います。

実食

カツカレー

1皿700円(税込み)。

私は女将さんがおススメと言ってくれたコチラのメニューをオーダー。

カレーの他には、ミニサラダ/ナポリタン/フルーツがワンプレートで盛り付けられてます。そしてスープと福神漬けが別皿で登場。

特徴的なのは給食を思い出させる懐かしの味。最近食べてきたカレーは比較的スパイスが利いたタイプだったり、玉ねぎがたっぷりで固形感があるものが多かったのですが、完全に逆を行く感覚です。片栗粉っぽいとろみを感じるルーは、甘さが先に来て後から仄かな辛味が来るような味です。

お子様にも馴染みやすい味だと思います。

鍋焼きうどん

1皿700円(税込み)。

妻の注文は冬季限定のコチラ。

おばあちゃんち”と言ってしまった、私たちには懐かしさを感じさせる器に入って登場しました。

蓋を開けると・・・

ネギ・セリ・舞茸のかき揚げのような天ぷら・卵・お麩と具沢山でうどんが現れました。

スープはごぼうの風味が先に来る特徴的な味ですが・・・これは正にきりたんぽが食べられる味だ!と言うことです。因みに、きりたんぽ入り(950円)もありますので、このスープの風味も納得です。

 

まとめ

食後にはデミタスコーヒーまで付いてくるサービスが嬉しい

能代市二ツ井の【レストラン真珠】さんでランチを食べて参りました。

  • 1人当たり予算:700円~1,000円
  • お店の雰囲気でノスタルジックな気分に
  • お腹イッパイ食べられる県北民馴染みの味

この時は、平日の早めの時間とあってお客様も少な目でしたが、秋田県北部の出身者であれば懐かしさ補正も働いて確実に好きな味だと思います。ホッと一息つきたい時、ちょっと疲れたな~って時には特にご来店をおススメします。

ご馳走さまでした。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

昼 11:00〜14:00

夜 17:00〜18:00

●定休日;

日曜日

●電話番号;

0185-73-2010

●住所;

〒018-3151 秋田県能代市二ツ井町三千苅6−1

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次