2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

【湯瀬ホテル】川瀬からお湯が出てる!から始まった温泉街|鹿角市湯瀬

施設・スポット

夏休みに新玉川温泉に宿泊してパーっとプレミアム宿泊券を使ってしまおうと目論んでいたのですが、色んな補助金が付いた結果、半分以上余ってしまうという予想外の事態が起きてしまいました。宿泊券の使用期限が令和2月までの為、早めに使い切りたくて、このタイミングでの小旅行となりました。

丁度、鹿角中央病院の医師を発端としてコロナウィルス感染者が同市でも出始めた折、正直不安はありましたが、折角の機会なので予定通り結構。夏以上に注意しながらの宿泊となりました。

 

スポンサーリンク

北秋田市鷹巣からの道程・途中の見所

お部屋からの展望。温泉街の中でも一際目立つ大きな建物です。

湯瀬ホテル住所:〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平 湯瀬湯端43

鷹巣からは主に3ルートあり、いずれも約1時間ちょっとの道程です。夏期間はどのルートを通っても問題なく行けますが、冬期間はこの地図上だと一番上のルートを通りつつ、更に十和田ICを過ぎるまで国道103号線を通りつつ県道282号線に入るのが道路状況から安全と言えます。

①・②はいずれも大館市のI.C.から降りて比内~十二所を通って山道を登り、尾去沢鉱山跡を横に通っていくルートです。

ルート①・② 見どころ

③は国道285号線~比内~大葛~鹿角と山道を通っていくルートです。所々生活道路も通りますし、細い道もありますが、金山文化も見られる歴史ある地域です。所々温泉もありますし、ひたすら温泉に浸かる旅も可能です。

 他にもまだまだありますが・・・取り敢えず思いつくところを拾っています(随時追加予定)。

 

チェックイン~お部屋へ

16時半頃の到着でしたが、ロビーは既に満員状態。受付は行列が出来ており、結構待った後にチェックインを済ませました。

Gotoキャンペーン割引適用後の料金をプレミアム宿泊券+現金で事前支払いを済ませました。その際に地域共通クーポンを8,000円分受け取り、差し引き約3,000円のプラスに転じる状況でした。

お部屋は和室10畳の米 代川を眼下に望むタイプです。家族構成・人数によって様々なタイプのお部屋がありました。部屋にもシャワーがあり、アメニティグッズが非常に充実しておりました。

温泉

食事前にまずは温泉へ。

大浴場の他にも貸し切り風呂があり、フロントで予約・受付が可能です。

  • 源泉:湯瀬49と48-2
  • 泉質:アルカリ性単純温泉(pH9.1)
  • 温度:源泉59.1℃・使用位置41℃
  • 浴用の効能:自律神経不安定症・不眠症・うつ状態、他一般的適応症

殺菌・消毒だけはされているので源泉かけ流しとはなりませんが、加水・循環利用などはされておりません。

泉質自体は優しく、温度もそれ程熱いわけではないので長く入っていられます。美人の湯というだけあって、上がった後の肌のスベスベ感が半端有りません。

また、上下階に分かれて2つある露天風呂から眺める米代川や対面の山の木々が正に絶景です。

夕方になると、対面の山の木々に下からスポットライトが当てられて部分部分で光っていきます。この様子を露天風呂に浸かりながら眺めるのは正に至福の時間です。もう少し早く泊まりに来れていたら紅葉が最盛期だっただろうし、雪が降り積もってからの眺めも良さそうです。四季で変わる様子を見てみたいですね。

お食事

食事は朝晩共にバイキング方式です。

感染対策としては、料理を取りに行く時はマスク着用の徹底・入退場の際はアルコール消毒の徹底と基本的な所を押さえています。席も同じグループ以外は離して配置されており、特定の時間に人数が集中しないように、時間を区切っての案内体制が取られておりました。

↓↓料理の一例がコチラ↓↓

秋田の郷土料理、地元・鹿角の味をたくさん取り揃えられていました。おばんざい的な素朴な料理であっても、非日常の中にあってか豪華に感じられますし、1つ1つがとても美味しかったです。味付けに使っている醤油・味噌は、地元の蔵元の浅利佐助商店さんの百年蔵シリーズが多かったです。

秋田牛の陶板焼きを注文されている方も多数いらっしゃいましたが、我が家は残念ながら予約しておりませんでしたので、ありつくことにできませんでした。その分、浅ましくもローストビーフで元を取った気にさせていただきました。

 

館内のお気に入りスポット

本館~別館への渡り廊下の手前にラウンジがあり、宿泊者は無料でドリンクをいただくことができます(日帰り入浴の方は+500円で利用可能)。

幼児向け・児童向け・大人向けの雑誌・本が取り揃えられており、ドリンクをいただきながらの読書もできます。同スペースには自動演奏のピアノもあり、ゆったりした音楽で更にリラックスすることもできますよ。

 

まとめ

鹿角市湯瀬温泉郷・湯瀬ホテルに泊まってきました。

  • 親子4人(大人2人・小学生1人・幼児1人*寝具なし)で宿泊費54,000円
  • ↑かづのに泊まってエールプラン適用
  • 長く楽しめる優しい泉質でスベスベお肌を手に入れよう!
  • 四季の移り変わりを見ていたい露天風呂
  • 素朴さを感じるものの、美味しさが本物のビュッフェ

と言ったところで、非常に満足させていただきました。

週末にも当たったため子供連れの家族が非常に多く、建物も大きい分多くのお客様を受け入れることができるので、静かな温泉を求められていた方にはちょっと賑やかすぎるかもしれません。ただ、私たちのような世帯には、特段気遣いすることなく楽しむことができました。

また機会がありましたら、非日常を味わいに行きたいと思います。ありがとうございました。

Follow me!

コメント