2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

【森のテラス】ホタル観賞会にいってきました|北秋田市桂瀬

イベント

北秋田市の旧・森吉町エリアにある森のテラスさん。

元々は東京・仙川のオープンガーデンから始まり、北秋田市の豊かな里山環境を利用したプライベートガーデンをお届けしたいという想いから2008年5月にオープンしました。その後も庭園の構築は続いており、通りかかるたびに少しずつ変わっていく様子が見られます。

昨年の秋に伺った時にはダリアが咲き乱れており、非常に美しい庭園の様相を呈していました。

 

そして、夏の楽しみはコチラ…です。

ダリア園の奥にあるホタル池。

そこで育ったホタルがいよいよ羽化し、子孫を残すために活動を始めたようです。

ホタルの鑑賞会が2020年も6月27日(土)から始まりました。

雨男好さんによる写真ACからの写真をイメージとして使わせていただきました

 

スポンサーリンク

会場へ

鷹巣からは約30分弱で会場に到着。交通整理の係員の案内を元に駐車場に車を停めます。

レンタルスペース・蔵の前で受付・記帳を済ませ、入場券代わりの首掛けを頂きました。入場料代わりの環境協力金として、大人1人500円を支払います(子供は無料)。

この時点での時間は19:15前。

夏至から1週間も経たず、1年で最も日没が遅い時期の為、外もまだ微妙に明るくてホタルの光る様子はまだ見えません。

取り敢えず蔵に入り、19:30からのイベント開始を待ちます。既に前の方は先客で埋まっていますが、微妙にお互いの距離を取っているのが、時勢を反映しています。

因みに、外が見える側はガラスも張られていないので”密閉”状態ではないことは予め断っておきます。

19:30になり、グランドピアノの演奏が始まりました。演者は作曲家・ピアニストの吉森信さんです。

静かな音色から入り、段々盛り上がっていく様子で思わず聞き入ってしまいました。5歳の娘も途中トイレには行きましたが、真剣に聞いていました。

また、最初の週末土日両日ともに14:00から演奏会が開かれていたようです(こちらは入場料1,500円)。来年も招かれているようなら、是非聞いてみたいと思います。

 

ホタル観賞へ

グランドピアノの音色を聴いているうちに、完全に日は沈んで外は真っ暗になりました。するとホタルがいよいよ活動を始めます。ピアノの演奏が終わり、待ちに待った鑑賞会が始まります。

ホタルが草と間違って止まることで間近で観察できるように、箒草の杖を片手にホタル池を目指します。

真っ暗ではありますが、ホタルの光を妨害しないために、スマホ・懐中電灯などは使用が制限されています。

では、どのようにホタル池まで辿り着くか?

この板でできた通路の両脇に、夜光塗料を塗った石が置かれており、その間を抜けて行けば安全にホタルが鑑賞できるようになっています。それでも足を踏み外すと、池に落ちてしまうので十分注意が必要ではありました。

池に近付くにつれて、カエルの声がより盛大に響いてきましたが…

あくまでもイメージです!d****************************pさんによる写真ACからの写真

ホタル池に到着すると。結構長めの周期で点滅する光が池の上や森の方で観察できました。暗視野でも撮影できるカメラなら、上記写真のような風景が撮れるかもしれません。

自然が多く残る北秋田市とは言え、この位まとまってホタルが見られるスポットは中々ないと思われます。

残念ながらウチの子供たちの持つ箒草の杖にはホタルは止まってくれませんでしたが、皆さん1匹・2匹のホタルを留めており、ホタルの松明を持ちながら観察をしていました。

 

まとめ

北秋田市、旧・森吉町桂瀬の森のテラスさんのホタルの鑑賞会に行ってきました。

  • 開催時期:6月27日(土)~7月26日(日)
  • 開催時間:19:30~21:00

娘的には暗い夜道がちょっと怖かったようですが、ホタルの光を見てからは喜んでいました。昔なら本当にその辺で見られたと思われますが、中々目にする機会のないホタル。大人から子供までしっかり楽しめるイベントとして、とてもおススメだと思います。

 

梅雨時期です。晴れていても雨が降った後は多少地面がぬかるむところもあるので、不安な場合は長靴などの備えをしておくと憂いなしです。

森のテラス 情報

●通常営業時間;

8:00~17:00

●休園日;

月曜日

●お問い合わせ先;

0186-67-6295

●住所;

〒018-4516 秋田県北秋田市桂瀬楢岱

駐車場;15台程度スペースあります(舗装なし)
●ウェブサイト;

Follow me!

コメント