【秋田犬会館】秋田犬に会いに行ける保存会本部|秋田県大館市

秋田犬会館 施設
暴力団反対がどうしても…気になる

桂城公園から赤い橋を渡るとすぐ、そこに秋田犬会館があります。昔から存在は知っていたのですが、今ほど秋田犬に注目が集まってはいない時。ついつい見逃していましたが、先日のお花見のついでに折角なので立ち寄ってみました。

 

スポンサーリンク

施設概要

2019年2月現在、日本全国に49個もの支部を持つ秋田犬保存会ですが、1階はその本部機能を担っています。

具体的になにをしてるの?というと…

  1. 展示会の運営
  2. 血統書の登録作業
  3. 会報の発行

といった業務を担っているようです。5月3日には、大館樹海ドームで秋田犬展示会が開催されるようなので、その準備で人の出入りも多く忙しそうでした。

 

ちなみに、保存会の海外支部も20個ほどあるようです。ワールドワイドな人気になりつつあるのでしょうか?でも、まだロシアにないようなのでそろそろできてほしいですね。

秋田犬保存会クラブ

 

3階は博物館になっており【秋田犬の里】よりも昔からの生活に密着させた視点で展示物が並んでおります。秋田犬の性格や性質だけでなく、昔からこの犬たちが人間とどのように関わって来たか、それが良くわかる造りになっています。

3階部分に入るためには入場料が必要で、通常は大人1人200円ですが、この時は展示を直している途中だったため、無料で入ることができました。

 

お出迎えしてくれる犬たち

この時は4頭の秋田犬に出会うことができました。

秋田犬の里よりも、もしかすると安定して秋田犬に会える場所かもしれません。元々ご主人以外の人間にはあまり興味のない犬種。向こうの方は、まだまだ若く、場慣れもしていないため、出たり入ったり。

こちらにいる犬たちは、かなりくつろいだ感じで、静か~に眺めさせてくれます。

 

事務所犬:ゆきちゃん

秋田犬会館

比較的、常に人気(ひとけ)のある事務所にいるためか、一番活発だったのがゆきちゃんでした。タイミングもあったのか起き上がっていた唯一の犬でした。

 

入り口に鎮座:銀ちゃん

秋田犬会館

おもちゃのチョコボのぬいぐるみが常に傍らに。一応、私たち夫婦にも気にしてくれてはいるようですが、残念ながら触れ合えるまではいきませんでした。

 

入り口に鎮座②:くろべぇ

秋田犬会館 銀ちゃん

こちらも疲れていたのか、眠いタイミングだったのか、ほぼ微動だにしてくれず。秋田犬の里のコ達よりもちょっと年上なので、ちょっとしたことでは動じない感じでしたね。

 

外でお出迎え:ぷーこ

秋田犬会館 ぷーこ

曇っていた時は寒かった日。

ちょっと日が照り始めると暖かくなったのか、日の当たるところで気持ちよさそうに寝転がっていました。

 

3階:博物館

前述の通り、秋田犬自身のお話・性格だけでなく、それにまつわる様々な事項を包括的に知ることができる展示スペースがありました。

いくつかピックアップすると…

  • 秋田犬と人間のかかわり
  • 秋田犬に関する物語
  • 犬をモチーフにした芸術 絵巻や像など
  • 過去の賞を獲った秋田犬紹介

などなど…と、3階まで上がる階段も含めて展示物をジックリ見ると、最早、秋田犬博士を名乗れるくらいの情報量はあります。

 

来訪ノート

ここは来訪ノートや記念スタンプを押せる机です。右側にあるファイル・冊子は過去の展示会で優秀な成績を収めた秋田犬の記録。第一回から見ることができました。

奥には、昔のマタギの家屋の様子を再現したスペース。マタギの生活と狩猟犬としての秋田犬の関りは、切っても離せないものでありますね。

 

秋田犬

歴代の名誉章犬の写真一覧。今年も5月3日に展示会が行われます。こうやって見ると、受賞する犬はやっぱりオーラが違いますね。立ち姿でもこうも違うかと感心しました。

 

関連グッズも

秋田犬グッズ

3階の博物館の入り口前には、量は多くないけど、様々なグッズが販売されていました。他にも1階事務所でも、ぬいぐるみなどのグッズが販売されているので、お土産も買うことができますよ。

 

まとめ

先日、【秋田犬の里】プレオープンの記事にて駅前の賑わい創生に期待!と書いたものの、実は割と不安も覚えてしまったのは、ここで漏らしておきます。

 

それは収益構造がまるで見えなかったこと。

収益を上げることが望めるのが、お土産品・ソフトクリームの販売のみ。近隣に食べ物屋さんはあるものの、中で食事をするわけでもない。特段入場料を取ることもなく、どう維持を図っていくのか疑問符がつきました。

実際、運営費用4,389万円に対して収入見込みが2,925万円、初年度収支としては約1,464万円の赤字が見込まれています。

秋田犬の里を玄関口として、大館市内やその周辺への波及効果で全体が上がれば良いとの意図を持った運営、その効果が検証するのが難しい。更に、その意図を持たせた運営収支であることをキチンと市民に落とし込まれているかが重要だと思います。

当面は、ふるさと納税で赤字を補填していくようですが、やはり理想は単体黒字であること。そうしたら、マル福の拡充など、もっと住民が必要な部分にお金を使えると思います。

 

単純に観光施設としても???が付くことが多々あり、中途半端な感じが否めなかった。単純に、この秋田犬会館くらいの情報量があの里にも欲しかったな、と思った次第でした。玄関口との位置づけでも、人を惹きつける突き抜けた魅力がないと、玄関をくぐって貰えないのが想像ついてしまいます。

とは言え、まだプレオープンの段階なので、5月8日のグランドオープンを見てからもう一度検証してみたいと思います。

 

【秋田犬の里】で基礎知識を付けたうえで、【秋田犬会館】でよりディープに学ぶ…そんな利用をされてはいかがでしょうか?

 

営業情報・アクセス

●開館時間;

9:00~16:00

●休館日;

11月中旬~4月下旬の土曜日の午後と日曜・祝祭日

8月13日の午後

年末年始(12月28日から1月3日)

●電話番号;

0186-42-2502

●住所

〒017-0897 秋田県大館市三ノ丸13−1

 

JR大館駅よりタクシー・車で8分

路線バスで15分(市役所前下車)

駐車場も隣にあります(石田ローズガーデンさんと共通)

 

●ホームページなど

Follow me!

コメント