サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
食べ物関連のウェイトが大きくなったので、少しカテゴリー構成を見直しています。

【ラーメン ホテイソン】2種類の鶏だし中華そばに舌鼓!|秋田市外旭川

アパートが近くにありながらも、初来店まで約半年費やしてしまいました。

今回お昼ご飯を食べに寄ったのは、秋田市外旭川のスーパードラッグアサヒさんの駐車場内にある【ラーメン ホテイソン】さんです。

オープンは2022年11月20日。

以前は【チャンポン ごうん棒】というラーメン屋さんが営業されていましたが、こちらも名前から色々気になりながらも未訪問。

秋田市牛島には【ゑびす】、土崎港東では【福禄寿】と七福神に因んだ店名のラーメン屋さんがありますが、それに続く3店舗目とのこと。どうせなら7店舗まで行ってほしいところです。

目次

座席

オーダーは食券制です。

昼時から少しずれた13時ごろの来店でしたが、丁度カウンターがいっぱいでした。座敷席は空いていましたが、グループ客に備えておくのか、しばし待つことになりました。

メニュー一部紹介(2023年5月時点)
ジャンルメニュー名値段(税込)
ラーメン鶏中華
鶏白湯
朝ラー(土日)
750円~
850円
600円
ご飯もの白ご飯
チャー丼
100円
250円
トッピングネギ・メンマ・岩のり
チャーシュー
カイワレ
100円
250円
50円

麺大盛は+100円で可能、他和え玉250円あり。とは言いつつも、和え玉の正体は次回に持ち越し。

他、ダイブ飯50円とは…?と気になるメニューがチラホラと見受けられます。

また、無料の辛味噌・にんにくなど、味変調味料もあるので、お好みのカスタムも可能です。

座席数
  • カウンター席:7席
  • 4人掛座敷席:3席

実食

鶏白湯みそ

1杯850円(税込)

店内オペレーションはスムーズで、カウンター満席からの着席→着丼までの時間はそれ程取られませんでした。混んでいても時間にちょっと余裕あれば待つのは問題なし。

ぱっと見、レアな色合いの大判カットのチャーシューが目を引きます。これが実に美味しいです。

他の具材は、岩のり・刻みネギ・貝割れ大根・メンマでした。トッピングを別オーダーすると、それぞれが増える感じでしょうか。

まずは鶏白湯スープを一口・・・

こってり・濃厚ながらも、味噌自体がそこまで主張せずに、尖った塩味がないので、気が付けばクセになってて飲んでしまっているタイプ。

調味料よりもスープ自体の旨味が感じられるイメージで、醤油・塩も試してみたくなります。

麺はストレートの細麺

スープ自体が濃厚なので、ストレートでもしっかり麺に絡んでくるのが良いです。Googleなどの投稿によっては、麺が少ないような記述もありますが、そんなことはないと思います。

チャー丼

1杯250円(税込)

人気メニューの一つとの触れ込みに魅かれて、ラーメンのお供にオーダー。

値段がお手頃なので、チャーシューの端材を叩いたまかない飯的なメニューかなとも思いました。しかし、運ばれてきたものは、端の刻みは散らされているものの、メインとしてしっかりと大判のチャーシューが乗っている丼でした。

タレも真ん中に掛かっていますが、そこまで味が強いわけではないので、ラーメン用の辛味噌と合わせて味変もおススメかと思います。

まとめ

秋田市外旭川の【ラーメン ホテイソン】さんでお昼ご飯を食べてきました。

  • 1人当たり予算:750~1,200円
  • ゑびす~福禄寿の流れの人気店の1つで、鶏だしが特徴のお店
  • 土日は朝ラーもあります!

やっぱり鶏だし系の中華そば・ラーメンが私は一番好きですね。鶏中華にしても、鶏白湯も別の味を試してみたいと思います。

まだ未訪問ではありますが、先に営業されているゑびす・福禄寿さんもそれぞれスープに特徴を持ったお店のようなので、折を見て食べに行ってみたいです。

営業情報

営業時間平日祝:10:00~15:00
土日;7:00~15:00
定休日木曜日、第二金曜日
電話番号
住所〒010-0802 秋田県秋田市外旭川四百刈22−1
駐車場店舗敷地内有り・10台以上
支払方法現金
ウェブサイトhttps://hoteison.jp/

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次