サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【南部屋 海扇閣】天空から海を眺めながらポッカポカに|青森市浅虫

青森県は秋田県に比べても…というか、今まで訪れた地域の中でも本当に温泉が多いイメージです。

地質的に源泉が豊富なのか、県民性として温泉が好きなのか、その辺は定かではありませんが、実際に人口10万人当たりの公衆浴場は23.7軒と、全国平均の10倍近くあるとのこと。

●●温泉郷とかそういう名所に限らずとも、街中に普通に温泉施設があるので、フラっと入ることもできそう。

そんなんなので、仕事で青森へ行った時に向こうでタイムカードを押したら寄るのも良いかと思い、入浴セットを車に積んでいますが、まだその機会は訪れておりません…。早く家に帰りたいのが先行してしまうためです。

それはさておき、今回訪れた浅虫も温泉宿がたくさんあり、浅虫駅には足湯まであります

遠くまで来たなら、フルコースで楽しもうと言うことで、入浴セットを持ってきました。

とは言え、ホームページ上では中々日帰り入浴の情報が見つからないのが不思議なところ。

その中で、入り口に“外来入浴”と書いてあった南部屋 海扇閣さんに伺ってみました。9階建てのホテルなので、ちょっとドキドキしながらの入館でした。

 

目次

温泉について

入館受付はフロントでチェックインのような手順で行います。

入浴料(2022年6月時点)
  • 大人:1,000円
  • 子供:500円
  • 幼児:300円

*料金は来館当時のものです。最新の情報は下記ホームページなどでご確認ください。

と、日帰り入浴では結構高めの値段設定です。

ただ、地域内の温泉を1,500円で3カ所楽しめる麻蒸湯札もフロントで購入することもできるので、時間に余裕があればこちらも検討する価値ありですね。

 

そして、温泉は何と最上階の9階。少なくとも私が入った中では、過去一番高いところにある温泉です。

泉質
源泉複数の源泉の混合泉
泉質ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉
温度源泉56.5℃
浴用の効能リウマチ性疾病 、運動器障害 、創傷 、慢性湿疹および角化症 、虚弱体質 、婦人病 、動脈硬化症 、高血圧症
飲用の効能
備考

内風呂としては、温め・普通の温度(42~43℃くらい)の2種類の大風呂があります。

泉質は無色透明で、クセがないので誰でも安心して入ることができるタイプ。それ程熱くもなく、当りも強くないのでいつまでも入っていられますね。

 

それよりも、圧巻なのは露天風呂からの眺めでした。

ホテル9階の別角度の写真がこちらですが、この左手に広がる海を眺めながらの入浴ができます。

勿論、内風呂もオーシャンビューが楽しめますが、湯気で曇ったガラス越しなので、直に眺めるにはやはり露天風呂がいいと思います。晴れていれば尚素晴らしいでしょうね。

ただ、冬には海からの風が凄そうで、露天風呂へ出る自動ドアが凍り付いてしまうこともあるそうです。それはちょっと怖いですね。

その他の注意事項
  • コインロッカー:無料で使用可能
  • アメニティ:シャンプー・ボディーソープ有
  • ドライヤー複数ありで無料で使用可能

 

まとめ

青森市・浅虫温泉の南部屋 海扇閣で展望風呂を楽しんで参りました。

  • 単純泉質で長い時間楽しめるお風呂
  • 地上9階からのオーシャンビューは圧巻です
  • 充実のアメニティと設備はホテルならでは

と、温泉自体も楽しんできましたが、個人的にはこちらも目当ての一つ。

温泉むすめの浅虫 夕凪(ゆうな)】ちゃんのパネルが設置されています。

本当はちょっとしたグッズもあるようですが、来館時点では残念ながら売店は閉まっていました。ここ以外にもコラボを行っているようなので、そちらはまたの機会に。

 

営業情報・アクセス
営業時間
(外来入浴)
12:00~14:00
*受付時間は13:00まで・来館時点では人数制限あり
定休日
電話番号017-752-4411
住所039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷31
駐車場20台程度・道路を挟んだ向かいにあります
支払方法現金・キャッシュレス決済
ウェブサイトhttps://www.kaisenkaku.com/

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次