サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【古民家カフェ apricot】”おばあちゃんち”でお洒落ランチ♪|青森市浅虫

水族館を堪能した後は、お昼ごはんです。

浅虫と言えば、何といっても”名物マグロ丼”鶴亀屋食堂かなと思いましたが、

娘が食べられるものある??

という心配もあり、比較的メニューの幅が広いところを探すことに。

私自身も鶴亀屋食堂さんは未経験ですし、脂の乗った味の濃いマグロって実は苦手なんです。そして、次男も麺類は最近は嫌うので、食堂~カフェで絞り込んでいくと…

浅虫駅近くの古民家カフェapricotさんに辿り着きました。

控えめな看板ですが、風除室にOPENのブラックボードが置かれているので、お店が営業していることが分かります。

 

目次

お店の概要

昭和の初期…を超えて明治かも、大正かも?と思ってしまう石造りのお家ですが、中のインテリアも結構レトロです。靴は脱いで、スリッパを履いて店内へ入ります。

座席数
  • 2人掛テーブル席:3席
  • 3人掛テーブル席:1席
  • 4人掛テーブル席:3席

私たちが伺ったのは12時ちょっと前でしたが、予約もあり、店内はほぼいっぱいでした。

辛うじてテーブルが1個空いてましたが、それが3人掛けでした。でも、奥から椅子を持ってきていただいて、無事に入店することができました。

その後もひっきりなしにお客さんが来ていたので、予約早い時間での来店が懸命かもしれません。

メニュー一部紹介(2022年5月時点)
ジャンル メニュー名 値段
食事 ワンプレート 1 000円
ナポリタン 900円
ドライカレー 900円
ドリア 800円
軽食 トマトとバジルのピザトースト 500円
あんバタートースト 450円

他、スイーツ・ドリンクも色々あります。

個人的にはパフェだったり、バスクチーズケーキも食べてみたかったのですが、娘がどの位食べられるか読めないので、デザートは今回は見送りました。

 

実食

ワンプレート 1,000円(税込み)

日替わりメニューは、”ごぼう入りハンバーグ””なすとピーマンのみそ炒め”の2品。

とうもろこし入りのサフランライスかぼちゃサラダ、フレンチドレッシングがかかったサラダ、ナポリタンなど彩りも良く、見た目から楽しむことができる逸品です。

タコライス 900円(税込み)

それぞれの素材も良いものを使っている感じで、どれを食べても美味しかったですね。

私、このメニューが結構好きで、見つけると頼んでしまいます。

ちょっとピリ辛のひき肉を隠すように、トマト・トルティーヤチップス・チーズソースと盛りだくさんに掛かっていて、酸味まろやかさスパイシーな刺激とパリパリ食感と色んな味が楽しめるのが良いですね。

添えられた紫キャベツと人参のラぺも良いアクセントでした。

 

まとめ

青森市浅虫の駅近く古民家カフェ apricotさんでランチをいただいてきました。

  • 1人当たり予算:1,000~1,500円(デザート込)
  • おばあちゃんちに居るような安心感のある空間
  • 素材の美味しさが良く味わえます

と言うことで、大変美味しくいただいてきました。

また、食事だけでなく、ちょっとアンティークな食器や雑貨も一緒に販売しているので、そちらも興味のある方は面白いと思います。

如何せん遠いので、ちょくちょく来れるところではないですが、デザートも食べてみたいですね。ご馳走様でした。

 

営業情報・アクセス
営業時間11:30~15:00
定休日月曜日
電話番号090-8924-7069
住所〒039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷65−7
駐車場15台程度のスペースが店向かいにあります
支払方法現金
ウェブサイトhttps://www.instagram.com/apricot_asamushi/

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次