道の駅おが【なまはげの里オガーレ】|冬のぐるめマーケットに行ってきた

施設
道の駅おが【オガーレ】。オープンから半年以上たちますが、賑わいは凄い

昨年(平成30年)7月にJR男鹿駅の移転新築とともにオープンした、道の駅おが(通称:オガーレ)ですが、地理的なこともあり、なかなか行く機会がなかったのです。

ですが漸く、3月9日・10日で冬の男鹿ぐるめマーケットが開催されると聞きまして、車酔いのため乗車拒否する長男を残して言って参りました。

やっぱりそこに向かうための動機付けって観光にとっては大事ですよね。

世界に挑戦!! 冬の男鹿グルメマーケット|まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】
「食」をテーマにしたチャレンジイベントを開催します。3種のスープ(石焼料理、しょっつる鍋、だまこ鍋)を試食し世界記録を目指すギネス世界記録™挑戦イベントや、巨大石焼料理のふるまい、ふぐ鍋のふるまい、紅ズワイガニ特売、旬のワカメ詰め放題、男鹿石バーべキューコーナー、地元ソウルフード出店などなど、食欲全開!盛りだくさんな内...

 

スポンサーリンク

道の駅おが【オガーレ】について

道の駅

 

物産館

施設内に入るとたくさんの商品が目に入ります。

野菜・魚・お土産が非常に充実しています。また、レジ前には保冷バッグも販売されており、お一人様2個までですが保冷氷も無料で貰えるという配慮があります。せっかく新鮮な魚を買っても、帰るまでにダメになったらつまらないですからね。

農産品(野菜・果物)

地元の生産者の野菜がたくさん並んでおりました。冬は寂しくなりがちな産直コーナーですが、春も確実に近づいて来たところで、かなり充実していました。

地元推しの菊芋(あまり馴染みのない野菜でしょうが、シャリシャリした食感が良いです)や、フキノトウまで。フキノトウはばっけ味噌用とまで別に紹介されており、そんな区分があったのかと驚きました。

その日入荷したお魚が中心ですが、加工済の冷凍食品もあります。あまり一般のスーパーで流通する品ではなく、地元ならではの価値がある商品だらけでした。

お魚の調理は3枚おろしまで有料で行っていただけるようです。

立派なクロダイです。これで1,600円!

ちなみに、魚も生き物ですし、確実にこの魚が獲れる!なんてことは分かりません。その日の入荷情報は、ホームページから確認できるので、目当ての魚種が入荷しているかどうか確認してから向かうのも良いでしょう。

 

 

その他目についたもの

お肉やお酒、調味料など、一般的にスーパーにあるものも、地元商品が中心で品数は控えめになりますが、一通り揃います。ただ、今日は売り場の空白も目立ち、常時充実した品ぞろえではないようなので、その点は注意ですね。

 

フラワーギフト

フラワーギフト

こちらはフラワーギフトのコーナーですが、特に目についたのは石鹸で造った造花です。ただ、その中に混じって、お線香とロウソクのセットがあるのが何気に笑えます。

ジャンボどら焼き

1個1,500円の超ジャンボどら焼きです。小3の次男の頭と同じくらいの大きさがありました。

元々チャレンジ用の商品らしく、今までの最速記録は2分27秒だそうです。

庄司さかな屋の馬煮込み

イベントごとでは必ず見かける、北秋田市阿仁町の庄司さかな屋の馬すじ・馬肉・馬ホルモンの煮込みがここにまで進出していました。1P600円と何か買いやすいお値段に設定されています。

片道2時間以上かかると思いますが、直接配達しているのかな?

 

レストラン・食堂

レストラン

この時間は開店前で、今日はマーケットの方で色々食べたのでまたの機会としました。ランチとディナーで様相が変わるようで、何回も訪れたくなりますね。

入り口においているソフトクリームの見本についているのは、ハタハタの卵であるブリコをイメージしたオブジェ。実際に、しょっつる味のブリコをトッピングしたソフトクリームが380円で販売されているようで、一度は食べてみたい。

 

ハタハタ小屋

コチラははたはた小屋です。

セリオンにもカキ小屋がありますが、それのハタハタバージョン。ハタハタ料理各種、またお酒が楽しめるようですが、残念ながら2月28日までの営業だったようで、来冬に期待ですね。

ここで飲んで、近くに泊まるというルートが至高かと思います。

まとめ

普段の買い物にも、観光客向けのお土産・話のタネになるような品物が多数ありました。最近はこう言った、物販が非常に充実した道の駅が増えてきているので、スーパー業界でもちょっとした脅威になりつつあります。

構図としては、コンビニでも店内調理や冷凍食品・惣菜がどんどん充実していったと共に、スーパーマーケットの境界線が少しずつ薄れてきていた時に似ています。

ただ、個人的には、見ているだけでも楽しいですし、地元の味・業者の底力やクオリティを知ることができるので、非常に勉強になっています。ここでヒントをもらって、自分の仕事に持ち帰るということもままあるので、上手く活用したいですね。

道の駅自体の紹介で、かなり長くなったため、実際のマーケットの様子は次回に持ち越しになります…

 

アクセス・営業情報

●定休日

 ①12/31は14:00まで

②1/1~1/3

 ③2/26・27、3/26・27

●営業時間

物産館: 9:00 ~ 17:00

レストラン: 夏季10:30~21:00

冬季平日10:30~17:00

冬季休日10:30~18:00

*冬季は10月~2月末日になります。

●電話番号

 0185-47-7515

●ホームページ

●住所・アクセス

〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川字新浜町1-19

鷹巣駅からは約1時間半です(約73km)

秋田駅から約50分

ここまで来たら、1日いっぱい使って男鹿の観光をするのが吉。水族館やなまはげ伝承館まで少し足を伸ばせば行けるので、ここを拠点に動いても良いのではと思います。

Follow me!

コメント

  1. […] […]