2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

【たけのこ館】旬の美味しさが満載!スナックコーナーも併設|大館市岩瀬

食べ物・グルメ

この時期の代表的な味覚と言えば…山菜が挙げられますが、個人的にはそれ以上に食べたいのがネマガリダケです。

今日購入したのは、、、田代産ではありませんが新鮮でおいしそう。後木工品をペン立てに使おうと思い、200円で購入。

”たけのこ”と言いつつもスーパーに並んで物凄い大きさでインパクト十分の孟宗竹とは違い、チシマザサ(千島笹)から生えて来る芽の部分に当たるので、厳密には笹の子だったりします。また、スーパーのお惣菜なんかでは、細竹や姫竹の煮物として販売されているのもこの仲間になります。

全国的には孟宗竹を使ったお惣菜の方が多いとは思いますが、青森・秋田で見る限りは、細竹の方が圧倒的に目に掛かる機会は多いと思います。

さて…そんなメジャーな食べ物ですが、大館市田代地区はネマガリダケを名産品と位置付けており、毎年6月くらいには国道7号線沿いのたけのこ館を会場にして、田代名産たけのこ祭りを開催しています。

たけのこ館は昨年冬季からお休みしていましたが、令和2年4月13日に移転&再オープンしました。自分ではタケノコを取りにいかないのですが、食べたくなったタイミングで様子を見に伺ってきました。

 

スポンサーリンク

リニューアル後のたけのこ館

移転とはいいつつも、レストラン鳳さんの一角での営業。ほぼ場所は変わってはいません。レストラン鳳さんが毎日貸し切り状態の看板が立っているのが気になります。丁度お目当てのタケノコも入荷した様なので、タイミングはバッチリでした。

以前のたけのこ館はナラマサオートさんが入居済み。軽トラ専門のオートショップです。

 

店内の様子

プチ道の駅のような様相で、野菜や果物・山菜などの産直品だけではなく、加工品や雑貨も色々置かれていました。地元・大館市のものが中心ですが、鹿角市花輪の・京にしきさんの炊き込みご飯の素なども品揃えされていて、チョットしたお土産にもお遣いいただけます。

地元・田代産のネマガリタケは1袋800円。皮むきをしなくても、簡単に使える水煮加工済みの物もあります。田代産に限らなければ、1袋400円の廉価版も隣に並べられています。

こちらは春の山菜。山から採ってきたままの状態で、どれも美味しそうです。ミズももう出てきているのはちょっと予想外でした。

コチラはたけのこの皮を臼と杵を使ってすり潰した後、手で漉いて作った和紙を使って描かれた全国で唯一たけのこ絵和紙。普段は横手市の秋田ふるさと村にて【遊工房 楽画喜や】を運営されている富樫さんの作品です。

この日は【養殖 どじょう】も入荷していました。狭い容器の中でも暴れていたので、活きは非常に良さそうです。スタミナ食に如何でしょう?

 

スナックコーナー

以前は無かったプレハブでは軽食・スナックを販売しています。

小さなお店ではありますが、揚げもの・焼きもの・各種ドリンクと、意外に用意されているメニューはたくさんあります。道の駅たかのすを過ぎた後の貴重な休憩スポットとして利用が可能です。

枝豆の街・大館らしく所々に枝豆メニューが見えますが、それ以上に気になるのがたけのこボール。という訳で購入してみましたが…

6個入り450円

見た目はたこ焼きですが、たこの代わりにタケノコが入っています。色々変わり種の入ったたこ焼きが出ていますが、たけのこが入ったのは初めてですね。トッピングはソース・マヨネーズ・青のり・たっぷりの削り節です。

食べてみると…中からタケノコが出てきました!

ふんわりした食感の生地に包まれて、タケノコのコリコリした食感が存在感が引き立ちます。もう1切入っていたら量感的にも良かったかもしれませんが、これでも十分美味しいです。

焼き上げる時に油をあまり使っていないようで、表面もふっくらふんわりした食感。食べていても油がきつくないので、胃にももたれないですね。

 

まとめ

大館市岩瀬のリニューアルしたたけのこ館に行ってきました。

  • 産直の山菜やたけのこが豊富に品ぞろえ
  • 地域の作家さんによる雑貨や工芸品もあり
  • 大館~県北部のお土産も揃います

山菜を自分で採りに行って食べるのが本当の醍醐味だとは思いますが…やはり食べられるものを見分けられる知識がなかったり、行く時間が取れない場合はこのようなお店があると助かりますね。

ただ、今年も山菜取りの際の熊による被害が早くも報告されています。ネマガリダケは熊にとっても好物な様で、過去には鹿角市で立て続けに何人も犠牲になった事例もあります(スーパーKとかいう名前がついたやつ)。そんな危険もある山菜採りですので、採ってきてくれた方に感謝をしながらいただきたいと思います。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

9:00~18:00

●定休日;

1/1~1/4と毎週月曜日

●電話番号;

未確認

●住所;

〒018-3501 秋田県大館市岩瀬羽貫谷地山下93−2

駐車場;10台程度スペースあります

●支払い方法;

現金

 

Follow me!

コメント

  1. […] たけのこ館の帰りにようやく開いているのを見つけて入ることができました。 […]

  2. […] いつもの北秋田市~大館市の間の国道7号線のお店です。場所はたけのこ館さんの道路を挟んだ目の前で、個人のオートショップと隣接されています。。 […]