2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

【小角食堂】切っ掛けはSNS!ご当地カツ丼を賞味|岩手県一ノ関市千厩

食べ物・グルメ

先日、仕事で岩手県~宮城県仙台市へ旅に出て参りました。

スーパーの新店調査とひな祭りの売り場・商品の確認が目的でした。本当は昨年に続いての某トレーメーカーの展示会へ出席も入れていたのですが、密閉された会場に集まるのが禁止になり、結果的に2日目の行程が完全に宙に浮くことになってしまいました。

仕方ないので仙台市内ではなく、戻りながら岩手県内の地元資本のスーパーを見学しながら帰ることにしましたが、途中で一関市に気になる食堂があったことを思い出して、一関I.Cで高速を降りて市内/旧・千厩町エリアに向かうことにしました。

 

スポンサーリンク

千厩町中心部へ

千厩町は、大事なお取引先様が1社あったり、以前研修で一緒のグループになった方がベルプラスの千厩店所属だったりと、名前を聞く機会はそれなりにあったのですが、実際足を踏み入れたのは今回が初めてです。

名前からして馬を飼ってそうな雰囲気がありますが、やはり元々奥州・藤原氏の支配地・平泉周辺は名馬の産地であり、この地域に千の厩を建てたことから、町の名前の由来にもなっているようです。

2005年の市町村合併で千厩町は他の5町村と一緒に新・一関市として統合、なので一言に一関市といっても思った以上に広いですね…。I.Cを降りて約30分走って漸く到着しました。

謎の【けもの】…。アート展の跡地かな?

何も知らないまま来てみたら、なんかイイ雰囲気の商店街が広がっていました。明治初期だったり江戸時代に開業された商店が軒を連ねています。スポーツ店なんかは創業当初と売っているものは違うかもしれませんが、血脈は続いているのは何かロマンを感じます。

商店街利用の場合は無料で使える駐車場もありますし、プライベートでも来て、ゆっくりと散策してみたいなと思いました。

 

小角食堂へ

目的の小角(こっかど)食堂さんに到着。創業は何と江戸時代中期の元禄時代ということです。このようなお店がゴロゴロあるのがこの商店街の魅力です。

お取引先様の担当者がやられているSNSの投稿を見て、このご当地カツ丼‐あんかけかつ丼の存在を知りました。外食のメニューが仕事のヒントにもなることもありますが、ご当地メニューは色々参考になることが多いため、積極的に食べるようにしています。

駐車場は20台分程度あるようですが、見つけられずに商店街の共通駐車場に停めて少し歩くことにしました。

 

店内・メニュー

丁度お昼時と言うこともあり、店内は混み混みでした。基本的には4人掛けのテーブル席・小上りの座敷席で、40人程度入ることができますが、1人掛けカウンターが見えないので、4人席に1人で座ることになりました。

メニューは以下の通り。街の食堂っぽくメニューのバリエーションが豊富です。

  • 麺類 ーそば・うどん・ラーメン
  • 丼物
  • チャーハン
  • ミニ丼・そば/うどんのセット

とは言え、今回は目的があるのでオーダーするものは決まっているのでした…。

 

実食

ミニあんかけかつ丼・温かいそばのセットをオーダーしました。税込み950円。ミニとは言え、おそばは普通に1玉の量でちょっとビックリしました。

本命のあんかけかつ丼のカツは、所謂ところの一口カツでかわいいサイズです。兎に角このあんかけの味がどうなのかが気になっていましたが、良い意味で裏切られました。中華風の甘酢あんを想像していたのですが、実際に食べると、中濃ソースをベースにかつおだし・醤油・砂糖などを混ぜて片栗粉でとじたピリッとした酸味がある”あん”でした。ご飯と好くマッチしていて美味しくいただけました。

元々は玉子でとじた普通のカツ丼を出していたそうですが(今もメニュー自体はある)、ご飯に汁が染みるのを嫌った当時の御主人が、地元のあんかけうどんをヒントに開発したそうです。

カツ自体も衣はサクッとしていますし、揚げたてということもあって箸でも切れる柔らかさでした。豚肉は、地元一関市の館ヶ森アーク牧場さんの館ヶ森高原豚を使用しているそうです。この辺にも素材への拘りが感じました。この豚の紹介は下記をご覧ください。

今回はロースのカツを頂きましたが、よりヘルシーに食べられるヒレカツも美味しそうです。

 

まとめ

岩手県一関市・千厩町にある小角食堂さんに行ってきました。

  • 地元グルメのあんかけかつ丼が圧倒的人気
  • 沢山通っても被らない豊富なメニュー
  • 1人あたり予算800~1,200円

仕事場の近くにあるととても嬉しい、そんな食堂でした。

秋田県北部からだと、高速道路を使っても大体3時間位。中々行くこともないスポットではあると思いますが、一関市には猊鼻渓など景勝地、また隣は奥州市・平泉町もあるので、この辺の観光に立ち寄った際に足を伸ばしても食べる価値はあると思いました。

千厩町の街歩きも楽しそうでした。プライベートでもいつか来てみたいと思います。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

昼11:00~15:00

夜17:00~19:00

●定休日;

日曜日

●電話番号;

0191-52-2319

●住所;

〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩町130

駐車場;お店の裏手に20台分のスペースがあります。千厩川の近くになりますので、結構ぐるっと回ることになります。

Follow me!

コメント

  1. spkwt より:

    かつて千厩で働いていた鷹巣町民です。同郷の方が「こっかど」を取り上げてくださったことに感激しております!

    • びびた びびた より:

      ありがとうございます!
      今回は全く予備知識なしで行ってみましたが、良い街でした。
      今度はゆっくりと回ってみたいですね。
      おススメのスポットがあれば、是非教えてくださいね。