サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
テーマ変えてみました。カスタマイズ中に付き少し不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

【tomosu cafe】オガーレのマップに導かれてランチを♪|男鹿市船川

故あって、最近は男鹿市へ足を運ぶ機会が一気に増えてまいりました。

今回は子どもたちが祖父母の家にお泊りに行っていたので、久々の夫婦水入らずでのドライブになりました。

目的は【稲とアガベ】さんのお酒を手に入れること。無事手に入れたのですが、まだ栓を開けていないので、実際に飲んでからまとめます。

今週末に開けることになる・・・かな?

その後に、道の駅オガーレに寄ってぶらぶらしていたら、丁度お昼時になりました。一旦外に出て、男鹿市の飲食店マップで気になるお店を二人で選んで決めたのが、今回伺ったtomos cafeさんでした。

男鹿駅すぐ近く、オガーレからも徒歩4分という分かりやすい立地が、不案内な私たちには助かりました。

オープンは2020年・5月と言うことですが、ドアの質感に反して建物自体は少し古そうな・・・?と言うのも、長らく空き店舗だったビルをリノベーションしてオープンしたお店とのことです。

駅前の古びたビル群も良い味を出していますが、やはり賑わっていた当時を思い起こすと寂しさを感じます。ただ、寂れていくままに任せずにその中で新しい試みを!と言う息遣いを感じることができます。

 

目次

メニュー・座席数など

店内に入ると、すぐ右手に大きなコーヒー豆の焙煎機が目につきます。この日は実際動いておりませんでしたが、実際に焙煎している現場に逢いたいなと思います。

取り敢えずは、席に着く前にレジでメニューを決めて料金を前払いするシステムです。

メニュー構成(2022年2月時点)
  • ランチメニュー
  • ドリンク
  • スイーツ

ランチは14:00ラストオーダー。

InstagramやFacebookでも紹介されていますが、季節や日によっても変わるようなので、行くたびに違うメニューに逢えそうです。

 

座席数
  • カウンター席  :6席
  • 4人掛テーブル席:3席

この日は後述しますが、月一イベントの”ひのめ商店”が開催されており少し席が削られていたかも知れません・・・

 

ランチ実食

ソースかつ丼

1,100円(税込み)

男鹿市のグルメストアフクシマさんが監修し、30年ほど前まで営業されていた人気店【たのし食堂】さんの味を再現した正に伝説の味です。

お肉はしっかり厚さがありながらも、温かいということもあり、更に丁寧に筋切されているのか柔らかい仕上がり。タレ漬けされているのにも関わらず、しっかり衣のサク味も感じられます。

お肉や衣に余計な味付けがないので、美味しいタレの味がダイレクトに味わえますね。ご飯がとても進む味付けで、お腹いっぱい食べてしまいます。

付け合わせのあめ色玉ねぎも甘さを付け加えてくれます。タレが少し酸味が感じられるので、こちらも相性ピッタリでした。

ジーローハン

900円(税込み)

女性向けにはこちらがおすすめだと思います。ルーローハンと並ぶ台湾の名物料理ですが、ジーローハンの方が万人受けしそうな味付けですね。

さっぱりした風味の特製ダレと蒸し鶏・ご飯との相性がとにかく抜群で、サクサク食べ進んでいけますね。

半分くらい食べ進んだところで、奥さんは一緒に運ばれてきた黒酢を投入。あまり酸味がなく、まろやかな黒酢がコクを生み出して、また違った味わいを楽しむことができました。

特筆すべきは…お味噌汁!

そして両メニューについてきたお味噌汁ですが、これがとてもまろやか、甘みも仄かに感じる味で美味しいのです!具沢山なのも嬉しいのですが、味噌自体が美味しいヤツだと思っていました。

帰ってからFacebookを覗いてみると・・・

  • 男鹿産/無農薬化学肥料不使用大豆
  • 男鹿産/特別栽培米あきたこまち
  • 男鹿半島の塩

を原料に、湯沢市の石孫本店さんで2倍麴で仕込んだコダワリの味噌だという記述を発見(ここに引用させていただきました)。男鹿の自然の力の結晶とも言えるこの味は、素晴らしいと思います。

 

まとめ

この日は【ひのめ食堂】が店内で開催されていて、食事以外にも楽しみがたくさん。県内外のお惣菜・パン屋さん、ワークショップなど色々集まっていて活況でした。

お土産を買いつつ、『娘を連れてきていたら喜んだろうなー』って話をしながら、ランチの到着を待っていました。

秋田市の【麦の】さんのパン。

まだ店舗がなく、店名も仮段階。更には試作段階での出店だったようですが、翌朝美味しくいただきました。そのままでも良いですが、軽く焼くと更に美味しくなりました。

開店が楽しみですね。

こちらは宮城県角田市にある【ホーリーパン】さんのカヌレ。

表面のパリッとした食感と焦がしカラメルのような香ばしさが素敵でした。

また、tomos cafeさんの2階部分は子どもたちの遊び場を作っており、すべり台とボルダリングウォールもあるそうです。今度は子供たちを連れて寄らせていただきたいなと思います。

ご馳走様でした。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

11:00~18:00(ランチL.O.は14:00)

*2月までは17:00閉店でした。

●定休日;

水曜日

●電話番号;

0185-47-6040

●住所;

〒010-0511 秋田県男鹿市船川港船川栄町89−3

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次