サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
テーマ変えてみました。カスタマイズ中に付き少し不具合がある場合がありますが、ご了承ください。

【Cafe 赤居文庫】私も”赤い実はじけた”至福のティータイム|秋田市中通

以前から本がたくさんあるカフェとして紹介されているのを見ていて、ずっと行きたかったお店の1つでした。

奥さんもちょっと気になっていたのを以前から聞いていたので一念発起。秋田駅前をぶらぶらしながら10時のおやつをいただきに伺ってきました。

ナビに従って、北秋田市~外旭川方面~秋田駅前と向かうと、スパイダーマンを発見。これを眺めていたら、ついうっかりと1度通り過ぎていました(;´・ω・)。

こちらは雑貨・アンティーク・家具などを扱う【カリモク60】さんというお店でした。

 

そしてこの反対側に【Cafe 赤居文庫】さんをようやく発見。

オープンは10時くらいだろうからゆっくり出ればいいやと思っていたら、日曜日は朝8:00オープンでした。

私自身、日曜を秋田市で1人で過ごすことはレアなのですが、日曜・祝日はドリンクを注文するとモーニングが無料で食べられることを学習。

 

目次

座席・メニュー

店内に入ると店員さんが手の消毒・検温をしてくれるので、熱がないことを確認して着席。

お洒落なインテリアと軽快な音楽で、この時点でささくれ立ちまくっていた私のマインドが良い方向に向いていくのが実感できていました。決して”静寂”なわけでもないですが、確実に落ち着いたり集中できる環境だと思います。

座席

座席数
  • 1人席 :14席+8席
  • 4人掛テーブル :7席

1人席はアクリル板で仕切られてはいますが、来店された人数によって取り外しているようで割と臨機応変に対応してくれているようです。

窓際には文庫本がずらりと並んでおり、壁にはアンティークな時計がかけられています。

その時計たちにはちょっとカラクリがあるので・・・特定の時計だけ見ていると少し危険かもしれません(;´・ω・)

 

メニュー

店員さんの制服がグレーやブラウンのツナギで揃えられているのが『かわいいな~』と思いながら、オーダーを考えます・・・が、魅力的過ぎて決めるのが大変でした。

メニュー一部紹介(2021年10月時点)
ジャンル メニュー名 値段 備考
ホットドリンク 赤居文庫ブレンド 500円 おかわり150円
カフェラテ 650円
カプチーノ 650円
ウィンナーコーヒー 700円
アイスドリンク アイスコーヒー 550円
アイスカフェラテ 650円
アイスココア 800円
珈琲ソーダ 650円
バナナミルク 500円
アーモンドバナナミルク 550円
クリームソーダ 800円
チョコフラッペカプチーノ 850円
フード ガレット 900円~
焼きカレー 850円
ハムチーズトースト 600円
シフォンケーキ 580円~
珈琲醤油小豆ロールケーキ 1カット400円 1ロール1600円
アップルパイ 500円
あんこプリン 380円

これでも本当に本当にホンの一例・・・値段は税別です。

ドリンクを決めてからおやつになるものを決めようと思いきや、まずそこから目移りしてしまって中々決められずに時間がかかってしまいました。

ソフトドリンクはもちろんですが、アルコール類もあり夜にお酒を飲みに来るのもありだな~と思いながらなんとかオーダーを果たしました。

 

本棚をあさる

提供時間はやや長めと聞いていたので、店内を巡ります。

意外と読書に勤しんでいるお客さんが少ない・・・と言うのもカップルが多く、トークに花が咲いている方が目立ちます。

でも、窓側のカウンター席には文庫本がズラッと並べられていますし、テーマごとに本棚の島があるのが面白いと思いました。

私たちのテーブルには、デール・カーネギーの啓蒙本が揃えられていましたし、赤・黒・黄など色に因んだ本をそろえた棚もあります。つい懐かしくて赤色の本シリーズからは、上記写真の本を手に取ってしまいました。

絵本も揃っているので、小さな子どもも一緒に楽しめるのが嬉しいところ。

 

おやつタイム

ドリンク

きな粉と胡麻と豆乳と 650円(税込715円)

そのままの名前なのが面白いし、コーヒーは運転中にずっと飲んでいたので私はコチラをオーダー。

豆乳と胡麻の風味がよくマッチしていますし、きな粉が丁度いい甘味を加えていてとても美味しいです。シロップもついてくるのですが、このままでも十分甘いのでこちらは好みで。

カプチーノ(Hot) 650円(税込715円)

メニューの絵からは想像だにしない大きなカップで登場。中々減っていかずに苦戦していたのが見てて面白かったです。

エスプレッソをベースにミルクと混ぜているせいか、少し苦みが強い仕上げ。ふわふわのミルクの泡を娘が舐めてましたが、やっぱりお髭ができていました。

 

スィーツ

焦がし芋羊羹 400円(税込み440円)

毎月15日は”おいもの日”で、10月は毎日開催中です。数量限定ですが、午前の早い時間なら問題なくありました。

単純にバーナーで炙っただけでなく、クリームブリュレの表面のようにカラメリゼされていて、パリッとした食感も楽しめる逸品でした。

エシレバタープレーンクレープ 600円(税込660円)

クレープ生地に砂糖とバターを乗せただけのシンプルな味わいですが…バターに秘密が!

フランス中西部のエシレ村の伝統的製法で作られた発酵バターを使っています。シンプルだからその美味しさの違いがより分かるのが良いです。甘いドリンクにも合うおやつでした。

苺とホワイトチョコのマウンテンケーキ 780円(858円)

下からクッキー生地、いちご、それを包むホワイトチョコ、たっぷりのホイップクリームで、束の間の休日には嬉しいご褒美スイーツですね。

手前に見えるのはクラッシュされたピスタチオ。ナッツ類の食感を挟む料理に最近ハマっており、こちらも多分に漏れず非常に美味しかったです。食の細い娘が完食してしまう勢いだったので、よほど美味しかったのでしょう。

メニューに”おすすめ”記載のある商品は本当にハズレがなさそうです。

 

まとめ

秋田市中通の【Cafe 赤居文庫】さんに行ってきました。

  • 1人当たり予算:500~1,200円(ティータイム)
  • 軽快な音楽とインテリアで癒される空間
  • ドリンク・スィーツも絶品揃い!

ということで、目移りした結果、軽くおやつタイムのつもりがしっかりと飲み食いしてしまうことに。その分の満足感は得ましたが、油断するとお財布が軽くなっているので少し危険も感じました(笑)

本と音楽に囲まれて過ごすティータイムは至福のひと時ですし、Free-Wifiや各テーブルにコンセントもついていて自由に使えるので、ちょっとしたデスクワークにも良さそうです。

オリジナルカクテルなんかも用意されているので、夜にお酒を飲みに来るのも良いですね。ごちそうさまでした。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

月~土曜 11:00~22:00

日曜・祝日は8:00~21:00

●定休日;

●電話番号;

018-801-5001

●住所;

〒010-0001 秋田県秋田市中通4丁目6−16 M’s Birudjingu 1F

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次