2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

再訪【居酒屋 翔ちゃん】”口福”の寿司で特別な日に彩りを

暮らし

個人的なことではありますが・・・先日は私たち夫婦の結婚記念日でありました。

どの日を以って”結婚記念日”としているか、は人それぞれらしいですが、取り敢えずウチでは”入籍日”を充てております。

そして、毎年だと何をしているかというと・・・?

外に飲みに行ってフツーに楽しむ位でしたが、今年は15周年の節目水晶婚というらしいです)を迎えたこと。そして、単身赴任でお家の事を一手に任せてしまうことになったことなど、日頃の感謝を全力で伝える日にしたいなと思い、色々考えてみました。

 

と言うわけで・・・

お酒飲みから始まった私たち夫婦のこと。

お洒落なところより、気軽かつ極上に美味しいお酒と料理が楽しめるところが良いなと思うと、選択肢は【居酒屋 翔ちゃん】が真っ先に思いついたわけです。鷹巣だけでも候補は幾つかあるのですが、前回の印象が強烈過ぎました。

と言うわけで、思い立った日には即・予約。これが約3週間前のこと。

と言うわけで、再びお邪魔しました。

 

今回のご飯/お酒

お通しの【湯剥きしてダシにつけた冷やしトマト】に続いて現れたのは・・・

えびす鯛の兜煮でした。

実は予約の際に”記念日的なもの”とリクエストしておいたところ、お祝い事にピッタリの恵比寿様の鯛を選んでいただいておりました。

ほほ肉・カマ肉・ゼラチンなど食べるところがしっかりあるのが嬉しいです。実は加熱した鯛の風味がちょっと苦手なのですが、全く臭みがなくて最後までしゃぶりつくすことができました。

お刺身5種盛り。

右からアトランティックサーモン・メジマグロ・しめ鯖・メバル・えびす鯛(ここにも現れました!)

全部おいしいのですが、特にしめ鯖の断面がすごいですね。酢のツンとした刺激が感じられないギリギリの締め方も良いですが、身に刺した紅色から察するに、刺身でも頂ける鮮度なのでは?と感じました。

お酒も美味しいものを欲望のままにいただきました。もっとたくさん飲みたかったのですが、この日はお互いちょっと控えめでしたね。

今度は飲み比べセットでもっと色々少しずつ楽しんでみようと思います。

 

そして〆に握りをお願いしようと思ったら・・・サプライズ!驚愕の逸品が出てまいりました!

具材の方が多いんじゃないかって位、大トロを詰め込んだ巻物をタワー状に積み上げて、宮城県産の紫ウニとイクラをたっぷりトッピングした極上品です。

それぞれ単独で食べても十分幸せですが、全部乗せで一口で食べた時の風味は本当に溜まりませんでした。これを食べていられるなら痛風も已む無し、ですね。

最後にデザートに【気合のプリン】(とうもろこし味のプリン・これも最高です!)をいただいて、お腹も心もいっぱいになりました。

これは予定が合えば、お盆商戦前にも英気を養うために来ないといけないなぁ…と思いながら、お店を後にしました。

 

記念品も参考までに

すごく蛇足かなとも思いますが、今回用意した記念品もご紹介。もし悩んでいる方の参考にでもなればと思います。

サンキャッチャー

【ambient shop】様から。

水晶婚”に因んではスワロフスキー・クリスタルの【北欧ヒンメリサンキャッチャー brass】を選んでみました。本来は無色透明が良いらしいのですが、ウチの壁紙が白基調なので、色が映った方がきれいかなと思い、色付きをチョイスしました。

序でに、壁に映った光を追って猫が遊ぶかな~という期待もしています。ただ、心配なのはサンキャッチャー本体にジャレついて壊さないかと言うことですね。

 

ペアタンブラー

RIVERET.(リヴェレット)さんから。

家飲み用にウッドタンブラー名入り(ここでは裏返しです)でお願いしました。

グラスも良いのですが…木製だと温かみも感じられますし、割れる心配がそうそうありません。我が家に我が家には子どもたち3人と猫2匹と言う大きなリスクが存在しているので、粗相に対しては耐久性重視で選ぶ必要もあります。

また、お酒に合わせたヴェッセルの形状も色々ありますし、食器も色々種類があるので、選ぶ楽しみもあるのが良いですね。

 

まとめ

記念すべき水晶婚式的な食事とプレゼントを紹介してみました。

もっと豪華な食事や贈り物を用意できればかっこいいんでしょうけど、自然体で無理なくがお互いのスタンスなので、心を込める・感謝を伝えることを精一杯頑張りました。

節目と言う意味だと、次は5年後の20周年ですかね?

また良い日を迎えられるように、家族みんなが元気で日々を過ごせるようにしたいですね。

コメント