サイトの概要
びびた
画像は”ToonMe”でやってみた
秋田県北部出身。
大学進学を機に南東北で10年弱過ごし、地元に帰ってきました。
日々の出来事、地域のグルメ・イベント・スポット情報など書き綴っています。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【ウジエスーパー吉岡店】某・人気番組で紹介!”らずもねぇ”デザートを堪能|宮城県大和町

遠縁とは言え【天下一番】さんに行く切っ掛けになった仙台出張。

1日目は仙台市内に滞在し、新しい厨房機器の説明を聞いたり、様々なお店を見て勉強してきました。

私が住んでいた時にはとにかく渋滞のイメージしかなくて、移動が大儀でしたが、来る度に道路が良くなっていて、あまり渋滞に嵌らなくなりました。

こちらは、昨年できた話題のスーパーマーケットのジャパンミートさん。

場所は土地勘がある方ならこの後姿でピンと来るはず・・・

一見するとホームセンターですが、しっかり大量の食品も品揃えされています。

色々デカいのですが、一番の特徴は店名の通りにお肉の安さ!ですね。

例えば、ブラジル産鶏肉や豚小間にしても1品3価格”でたくさん買えば買うほど安くなります。我が家の様に、育ち盛りの子供たちを抱えている家庭だと、非常に助かる存在だと思います。

仙台にお越しの際に、予め保冷剤やバッグを持って行って、最後に寄って買い溜めしてくるのも良いかもしれません。

こちらは安さインパクトを前面に出すことで、人気を獲得しているお店。何でも価格が高騰している世の中では、一番助かる業態かもしれません。

 

目次

宮城県で人気の地元資本のスーパーと言えば・・・?

・・・が、その戦略はどの会社でも選択できるわけではありませんし、品質や美味しさで違いを出そうという会社があるから、買い物や暮らしが面白くなると思っております。

そしてそう言うスーパーの特徴と言えば、生鮮食品(特にお魚)とお惣菜が美味しいお店になりますが・・・

宮城県でそういうスーパーと言えば、やはりウジエスーパーさんだと思います。

そのルーツはりんごの行商・卸売りにあり、店のロゴ・看板のマークとしても使われています。

今回は仙台から戻る途中、大和町にある【吉岡店】に寄って参りました。

こちらでは先日の秘密のケンミンショーでも取り上げられた話題の商品が品揃えされています。

 

びっくりスムージーで一休み

お店のオープンは9時30分ですが、カフェ・イートインは11時からの営業開始でした。

早めに来てしまったので、一旦は諦めましたが、その後色々トラブルが発生して対処していたら、丁度11時になってしまいました。

メニューを選択→セルフレジで会計。レシートと共に出てきた番号札を受付に渡してから製造スタート。来店時はワンオペだったので、少し待ち時間がありました。

コチラは”かぼちゃんぺ”と言うかぼちゃベースのスムージーです(税込み580円)

他にも数種類ありますが、これが一番食べ易そう・見た目インパクトが大人しいです。注意書きでも”持ち歩きを推奨しない”位ですが、それは実際手に持ってみると納得できますね。

聳え立つホイップクリームに散らされた甘い完熟かぼちゃ、ミルクと一緒にすり下ろされたかぼちゃのスムージーと、兎に角甘いんですが、素材の旨味がしっかり感じられます。

見た目もそうですが、面白いのがその名前。

バナナはキウィに止まれないとかおとんおかんみかんとか、もう~わちゃくちゃです。

でもメインが何だか一目で分かるのが良いですね。これは女性店員さんのグループLINEでノリでポンポン出てきた名前を使っているそうです。

こういうノリで仕事ができると楽しいんだろうな~と思います。

そしてこちらは、フレッシュなフルーツたっぷりのプリン(1個398円

こちらも様々な種類があって、売り場にずら~っと並んでいる様子は圧巻でした。お土産に1個買ってきましたが、晩御飯の後に美味しくいただきました。

他にもフルーツサンドも並んでいるので、甘いモノに目がない方には夢のような空間かも知れません。

そしてもはやおにぎりなのかという、具材だらけのお握り(Yoshiだま。いつか山形県遊佐町の【グリーンストア】さんで見たヤツの仲間ですね。

この後、食べる仕事が無かったら買っていたと思いますが、今回は自重してしまいました…。イートイン/カフェでは豚汁もオーダーできるので、しっかり食事したい方にも便利にご利用できますね。

 

他にもこんなお惣菜が…!?

同回のケンミンショーの中では、同社のお惣菜をテーブル一杯に広げて宴会をしている風景も映っていたので、気になるお惣菜を晩ごはん用に幾つか購入。

らずもねぇ若鶏唐揚げ

味の基本となる唐揚げかと思います。正にど真ん中・王道のしょうゆ味という感じで、ご飯に良く合いますし、食べ疲れがない味ですね。

仙台味噌使用の豚バラ煮

こちらはお肉屋さんの前で発見しました。店内調理ではなく、セントラルキッチンで一括して製造しているようですが、こちらもクオリティが凄い!

味噌の濃い味(でもしょっぱくない)・仄かに感じる香辛料の後味でこちらもご飯との相性が抜群です。

シャキシャキ蓮根と牛蒡の胡麻和サラダ

お弁当・お惣菜大賞2022・優秀賞に輝いた同商品。胡麻と和えるマヨネーズは自社配合でサラダに良くあうバランス。蓮根・ごぼうのシャキシャキ食感もですが、他にも色々お野菜が摂れるのがウレシイ一品です。

 

まとめ

宮城県大和町のウジエスーパー吉岡店さんで色々お惣菜・スイーツを味わってまいりました。

カフェのスムージーを目当てに行ったのですが、ついつい目移りして色々買ってしまう魅力があります。やっぱり他地域の地元資本のスーパーで買い物するのは、色んな発見があって面白いですね。

今もSDGsなど色んな取り組みを各企業行っていますが…

前述のスムージーも食品ロスの削減の取り組みにつながっているとのことです。

完熟は商売的にはもう少しで廃棄になってしまうところですが、これをスムージーやスィーツに使うことで廃棄を20%削減できたそうです。

ただ、お店を見る前には

定期的に決まった量が出るものではないよね?

と思っていましたが、カップにすでにカットされた果物や野菜が入ったものがアイスのケースに並んでいるのを見て、謎が解けました。

出てきたときに下処理して保存できるようにすることで、ある程度の注文増にも応えられますし、作り始めるまでの時間削減にもつなげている様子が見て取れました。

美味しいと食品ロス削減が一緒になった凄い名物だと思いました。ごちそうさまでした。

記事が気に入ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 北秋田市情報へ  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次