2020.4.27 現在COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で営業時間・定休日など大幅な変更がある場合があります。来店の際には事前の確認をお勧め致します。

【麺屋 志乃助】こだわりの味噌と、、、丼に驚きが|井川町小竹

食べ物・グルメ

秋田市で1週間の仕事を終えて北秋田市に帰る際には、毎回国道285号線を通るのですが、今の時期は五城目広域農道を通るのが最も早いルートです。ただ、冬期間は農道故に国道交通省管轄の除雪がされないため、どうしても田市~井川町~五城目と大きな道路を回っていく必要があります。

さらにどうしても仕事が遅くなり、晩御飯を自宅で食べるにはとんでもない時間になりそうな時に、丁度助かる位の場所に【麺屋 志乃助】さんは建っています。

国道7号線を秋田市から能代市方面へ向かい、メルシティ潟上のある交差点を国道285号線へ入ります。少し道なりに進むと、丁度、日本国花苑の向かいにありました。

 

スポンサーリンク

メニュー・座席など

このお店のイチオシは味噌系統かと思われます。メニュー表の上半分が味噌のメニューで、8種類ほどご用意されていました。

スープは豚骨が基本ながらも、比内地鶏だし・魚介だしもそれぞれの特性で使い分けられているようです。

メニュー一部抜粋  *2020年9月初旬のものです
ジャンル メニュー名 値段 備考
売れ筋! 白乃助 690円 女性人気No1
赤乃助 690円 男性人気No1
ネギ乃助 690円 若者人気No1
鉄鍋 野菜味噌らぁめん 820円
蔵乃助 790円
ベーシック 醤油らぁめん 630円 子ども人気No1
塩らぁめん 670円
魚介コク醤油らぁめん 670円
ご飯 味玉チャーシュー丼 340円
鉄鍋カレー 360円
ライス 170円
半ライス 120円
オプション 手造りギョーザ 360円

●麺大盛は+100円・麺半分は-50円で対応可能です。

●他にも味玉・ネギなどトッピング、ドリンクも各種取り揃えております。

 

周りにあまり民家が密集しているわけでもない立地。かなり広い商圏で営業されているようで、座席はたっぷり用意されています。

座席数
  • カウンター席:1人×5席
  • アイランド席:1人×10席
  • テーブル席 :4人×2席
  • 小上り座敷席:4人×6席

ざっと35人程度一度に入ることができます。

 

実食

トリ乃助

1杯690円(税込)。

ギョーザかご飯物も食べたかったので、一番お手頃なコチラをチョイス。来年からは職場の健康診断もフルコースになる身なので、”中高年人気No,1”メニューを選んでしまうのも納得。

豚骨スープが大部分を占める味噌ラーメンの仲間の中では異質の比内地鶏スープ。普通の鶏ガラに比べると力強いスープが取れますが、豚骨に比べるとそれでもアッサリと食べることができそうですが・・・

具材はシンプルに、ネギ・味玉・メンマ・わかめ・チャーシュー

麺はちょっと固めに茹でられた縮れのある中太麺+加水有り。ちなみにデフォルトでは中太麺ですが、注文の際に要望を出せば細麺にも代えられるようです。

ただ、比内地鶏の上品なダシに秋田味噌?ベースの味噌で作ったスープに多少ごま油の風味を感じたのですよ。気のせいかもしれませんので、誤りだったらごめんなさい。その風味がスープに力強さを加える地味に良い仕事をしているので、このメニューには中太麺をおススメします。

志乃助丼

1杯340円(税込み)。

コチラが個人的には良い意味で誤算でした。チャーシューと味付けメンマ、白髪ねぎがタップリ乗っておりますが、値段的にミニ丼だと思って注文したら…ラーメンと同じような大きさの丼でやって来ました。これはサイドではなく、主役を張れるのでは・・・?という感覚です。

そして食べ進めていくわけですが・・・

チャーシューが柔らかくて美味しい!

タレもかかってはいますがチャーシュー自体はそれ程味も強くなくて、隣のメンマがしっかり味付いているので一緒に食べると丁度良くなる感じです。

そして途中で、特製コチジャンタレで味変を。ラーメンにもただ白飯に付けて食べるのにも非常に相性が良い万能調味料でした。

 

まとめ

井川町小竹の【麺屋 志乃助】さんへ行ってきました。

  • 1人当たり予算:700円~1000円
  • おススメは多彩な種類の味噌ラーメン
  • 丼は値段以上にボリューミー!!

予定以上にお腹がいっぱいになってしまいました…丼が想像以上のボリュームだったので、今度からは麺を半分にしないとなぁというところ。何せ私、仕事が変わったこともあり、この半年で体重が6kgほど増えています。

これから先、雪が積もった際にはお世話になることも増えると思います。メニューが目移りするくらい、どれも美味しそうなのですが、特に気になったのは蔵乃助。”百年蔵味噌”と書いていたので、恐らくは浅利佐助商店さんのものです。

他の味噌とは一味違う美味しさが味わえそうです。次回はこれにしよう。

ご馳走様でした。

 

営業情報・アクセス

●営業時間;

11:00~21:00

●定休日;

なし

●電話番号;

018-874-3527

●住所;

〒018-1515 秋田県南秋田郡井川町小竹花関合2-3

駐車場;10台程度駐車可能

●ウェブサイト;

●支払い

現金・PayPay

Follow me!

コメント