【玉子焼き】スーパーのお惣菜で焼きたてを買ってみる

雑記
記憶頼りに書いているので、青森県・岩手県の方が情報不足です。再調査の機会を作ります。

先日、いとく追分店でお土産にお惣菜の玉子焼きを買ってきました。秋田県内では今のところココだけとのことですが、最近のスーパーの新店では鉄板で焼き上げた玉子焼きを販売するところが増えています。

関東圏では昨年の時点でよく見かけていたので、少し遅れて入ってきたことになります。東京の流行が3~5年遅れて入って来る説よりも到達が早いですね。

当時私が宮城に住んでいた約10年前にも一時、スーパーの惣菜で鉄板で焼き上げた焼きそばとか、お好み焼きとか、ソバめしとかやっているところはありましたが、当時は玉子焼きは無かったと思います。

と言ったところで、今年買い集めたところの紹介をしておきたいと思います。

スポンサーリンク

秋田県:いとく追分店

2019年12月12日オープンのいとくの最新店舗。入り口から入るとすぐにベーカリーコーナーがあり、それにお寿司と続いてお惣菜の鉄板焼きコーナーがあります。

こちらは1本398円(税抜)。他にもハーフサイズで200円のパックもあります。写真はごくごく定番のだし巻き玉子焼きですが、他にも砂糖多めの甘口や、小口ネギをたっぷり入れ込んだバージョンもあります。

断面は薄い層がグルグルと巻かれているようにできており、ひと口食べてみると非常にジューシーです。家で作るような半熟気味の加減は、安全衛生面を考えると中々難しい面がありますが、日の通し方が絶妙でパサついた感もなく美味しく食べることができました。

因みに、いとく店舗では弘前市にオープンした浜の町店でも購入が可能です。

 

青森県:カブセンター五所川原店

2019年7月26日にオープンしたカブセンターの最新店舗です。こちらは向かって左側の入り口から店内へ、奥に進むとお惣菜コーナーがあり、そこの1画に鉄板焼きコーナーがあります。

出汁巻き玉子の写真が紛失してしまっていますが、、、ちょっと甘めの味付けが印象的でした。こちらも構造的には同じで、薄い層が何層も巻かれています。そして、噛んだ瞬間にジュワっとつゆが出てくるのも同じ感じです。

玉子焼きの他にも、お好み焼き・焼きそば・チヂミなどメニューが豊富でした。

●カブセンター五所川原店

・営業時間:9:00~21:00

・住所;〒037-0004 青森県五所川原市大字唐笠柳藤巻697−2

 

岩手県:ユニバース盛岡みたけ店

写真は五所川原店です。

2018年10月12日オープン。

次男の通院の際に寄ることが出来れば寄って来る感じです。鉄板焼きのコーナーも立派ですが、個人的には様々な料理メニューを対面式のバイキングで提供されている方が印象が強いですね。単にパックにはいって並んでいるよりも美味しそうに見えます。

コチラが出汁巻き玉子プレーンのハーフサイズ(212円+消費税)。トレーが結構立派な材質の物を使われています。

コチラは噛んだ後の断面で汚くて申し訳ありませんが、、、やはり薄い玉子の層がグルグルと巻かれています。食べるとやはりジューシーで、万人受けする味ですね。ユニバースさんの玉子焼きは、表面の色合いが黄色一色で非常にきれいに見えます。

●ユニバース盛岡みたけ店

・営業時間:9:00~0:00

・住所;〒020-0633 岩手県盛岡市みたけ2丁目8−25

 

まとめ

スーパーマーケットのお惣菜で玉子焼きが変える3社を纏めてみました。

家庭で作るのがまだまだ一般的だとは思いますが、専用の調理器具を使って作る玉子焼きは安定的な美味しさが魅力でした。ミルフィーユのような幾もの層に巻かれているのでジューシー仕上がりになるのがスーパーマーケットの玉子焼きの特徴だと思います。

また、使用しているダシや味付けも各社それぞれの地域の特徴を掬い上げてより好まれる味付けに仕上げていると思いました。

今のところ、秋田県内ではいとく追分店でのみ購入が可能ですが、追随していく企業も出てくると思います。個人的にはナイスさんが早々と導入するのではないかなと思っています。是非、お惣菜の鉄板焼き上げ玉子焼きを食べてみて下さい。

Follow me!

コメント